相互RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

サラエボの花

サラエボの花_01


サラエボの花(2007 ボスニア・ヘルツェゴビナ)

この映画に行き着くまでの経緯を書いておこう。
今は無きユーゴスラビアという国家に興味を持ったのは、サッカーが切欠でした。当時、ストイコビッチという選手が好きだった私は、木村元彦による「誇り」「悪者見参」という2冊の本で、輝かしいサッカー選手の背後にある、ユーゴスラビア紛争を知りました。94年フランスW杯のセルビア・モンテネグロ対ドイツの試合で、ゴールを決めたストイコビッチが起こしたアクション、左手にはめたの腕時計を指差す仕草が意味することを知ったのは、その本でした。その仕草は、「アンダーグラウンド」という映画のものであるそうです。最近になって、アンダーグラウンドがどんな映画か気になってレビューを見ていたところで引っかかったのが、この「サラエボの花」でした。
本作はボスニア紛争後のサラエボを舞台に描かれた、母と娘の物語です。戦争のシーンはありませんが、そこかしこに戦争の傷跡を感じざるを得ませんでした。貧しい生活と、娘に真実を話すことができないことに苦悩する母親。そんな母に少しばかりの疑問を持ち、なかなか素直になることができない娘。物語はスローペースで進みますが、不思議と退屈になることはありませんでした。それぞれの愛情を感じることができ、最後のシーンの笑顔に救われたのは、母親だけでなく、自分もそうだったと思います。

この娘のサラを演じているのが、ルナ・ミヨビッチ。東欧の少女は天使です。これがまた、現在ではすごい美人になってるんですよね。身長も174cmあるらしいです。ちょっぴり勝ってるかな…。タレ目と口元が子供の頃と同じですね。

luna.jpg 


サラエボの花 [DVD]サラエボの花 [DVD]
(2008/06/06)
ミリャナ・カラノビッチ、ルナ・ミヨビッチ 他

商品詳細を見る
関連記事
2012-11-11 : 映画 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

Profile

Plum

Author:Plum
■撮影機材
D750
Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
RX100
NISSIN i40

Link

twitter

Review List

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。