相互RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

【風景写真】曇天のモネの池/岐阜県関市板取

曇天模様

曇天の下、今回は岐阜県関市の板取に行ってきました。

金曜日にカメラ雑誌を眺めていて、”モネの池”という場所が、岐阜県の板取にあることを初めて知りました。知ったからには行くしかないでしょ!ということで、早速翌日4:00に起きて、高速道路を一路板取へ。名古屋からなら、高速道路を使えば1時間半弱で行くことができます。ちなみにこの日の天気は、曇りのち雨。こんな日に写真を撮りに行く人はいないのだろうけれど、そこは僕。曇りだろうが雨だろうが行くのですよ...!

20160123-DSC_9173

東海北陸自動車道を美濃インターで降り、そこから下道を走ります(関インターの方が遠いです)。降りてみて、結構雪が残っていることにドキリ...。雪のことを全然想定していなくて焦りましたが、現地までの道路は、しっかり除雪してあったので大丈夫でした。ただ選択する道によっては山中を通ることになり、その場合凍結している可能性が高いようです。

20160123-DSC_9179

途中からは当然コンビニなどないので、昔ながらのタバコ屋さんの自販機で、温もり(缶コーヒー)を補充。

20160123-DSC_9402

8:00頃、モネの池がある根道神社へ到着。あまりに目立たない場所なので、通り過ぎてしまう人が多いそうです。ナビにしろGoogleMapにしろ、現地をピンポイントで登録して向かった方が良さそうですね。

20160123-DSC_9194

天候も相まってか観光客は一人もおらず、神社で焚き火をしている地元の方が一人いるのみ。独占できる...!

20160123-DSC_9206

こちらが通称モネの池。これはこれで綺麗なのですが、天気のいい日の方が池の底まで光が差すため、より綺麗に見えるそうです。蓮も少ないので、この季節ではモネの池と呼ぶのは厳しいかも。行くなら、蓮の季節である5~6月ですね。6月には祭りもあるらしいので、その時に再チャレンジしたいところです。すごく混みそうだけれど。

20160123-DSC_9224

20160123-DSC_9253

観光案内所の方と、焚き火を囲みながら板取の話をしました。僕が板取という地名を知ったのは、バイクトライアルの世界選手権だったのですが、今はもうやっていないことに驚きました。今でも、学校の必修科目にバイクトライアルはあるのでしょうか...。

20160123-DSC_9309

モネの池って過剰なイメージをもって来る方が多いそうですが、写真に写ってるのがほぼ全てです。池に名前はありません。だって、ただの農業用の溜池ですから。さっき、再チャレンジって書いたけれど、よくよく考えたら、僕はハイシーズンよりも、こういう閑散としたオフシーズンの雰囲気が好きなんだよなぁ。

20160123-DSC_9381

ちょっと神社の裏へ行って、ひっそりとドール撮影をしたり。この日は終始雲に覆われていたのですが、極たまに少しだけ差す光がいいんですよね。

観光案内所でパンフレットを貰ったので、折角だからもう1箇所くらい行ってみることにしました。

20160123-DSC_9535

このバス停にいたら、美少女との出会いがありそうな気がする。

20160123-DSC_9427

モネの池からもう少し奥に行ったところにある、21世紀の森公園。こちらも車が1台停まっているだけ。駐車場から10分程度歩いたところに、株杉の群生地があります。

20160123-DSC_9443

直前に休憩所があったのでひとやすみ。それにしても寒い。ここに火が焚かれていたら最高なのに...。

20160123-DSC_9434

20160123-DSC_9438

舗装された道は、ここで通行止め。熊の目撃情報ありとのことです。でも、ここから下山してきた人達がいたのは、どういうことなのか...。

20160123-DSC_9432

雪が積もった自然観察道を進むと、次々と株杉が姿を現します。すごい迫力。

20160123-DSC_9458

20160123-DSC_9459

こんな風に生えるのか...。圧倒されますね。

20160123-DSC_9470

20160123-DSC_9478

株杉に圧倒されながらも、足元を見るのも楽しかったりします。僕はこういう写真が好きなのかも。

20160123-DSC_9480

20160123-DSC_9488

一応杭とロープで歩道は確保されているものの、油断していると雪の下にぽっかり穴が空いていたりするので注意。しかしエンジニアブーツでこんなところを歩く僕は、無謀にも程がある気がしてきた。

20160123-DSC_9491

20160123-DSC_9495

聞こえるのは沢を流れる水の音だけ。こんな時間を独り占めできるのって、最高の贅沢ですよね。

20160123-DSC_9516

20160123-DSC_9529

雪山の装備なんて全くしていない僕は、ここで帰宅の途に着くことに。道路の凍結も怖かったので、早めに退散することにしました。

板取は紫陽花でも有名なところですし、温泉もあるしということで、また春か夏にでも行きたいところですね。あとは、モネの池。オンシーズンは早朝でも厳しいのかなぁ。
関連記事

2016-01-24 : 風景撮影 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

Profile

Plum

Author:Plum
■撮影機材
D750
Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
RX100
NISSIN i40

Link

twitter

Review List

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。