相互RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

【風景写真】矢勝川の彼岸花・雨/愛知県半田市

20150925-DSC_4568

彼岸花の季節。愛知県では半田市が有名らしいので、平日に有給をとって行ってきました。

そして、雨である...!相変わらずの雨男ぶりだけど、「雨の彼岸花ってのも情緒があっていいかも」なんて思いながら、車で半田市へ向かいました。車で行く場合、普段は新美南吉記念館の駐車場が無料なのですが、彼岸花のシーズンの週末は障害者限定となっており、付近の有料駐車場(500円)に停めることになります。また新美南吉記念館の駐車場は、9:30にならないと開放されません。それを知らずに8時過ぎに到着した僕は、1時間ちょっと車の中でデレステに興じていたのでありました...。

20150925-DSC_4597

こんな感じで、堤防の両側に沢山の彼岸花が植えられています。ここまでとは想像していませんでした。

20150925-DSC_4573

20150925-DSC_4595

20150925-DSC_4612

聞こえてくるのは、傘に落ちる雨音と野鳥の鳴き声。ひとり黄昏てしまいそうな雰囲気です。

20150925-DSC_4635

ザ・フォトヨド。そんな感じしません?

20150925-DSC_4657

彼岸花って繊細なイメージだったので、雨で花が落ちてしまわないかと心配していたのですが、このとおり大丈夫でした。

20150925-DSC_4679

対岸は阿久比町のサイクリングロード。

20150925-DSC_4696

地元の小学生でしょうか。学校の授業で彼岸花見学とは、ある意味贅沢な。でも、僕が小学生だったら、彼岸花より同級生の女の子に興味が...。

20150925-DSC_4722

20150925-DSC_4726

20150925-DSC_4736

今でこそ赤い絨毯のような矢勝川堤ですが、もともとは雑草しかなかった川沿いを彼岸花で一杯にしようと、小栗大造という方が鍬で雑草を掘り起こすところから始まったそうです。新美南吉の代表作”ごんぎつね”の一節にある、「墓地には、ひがん花が、赤い布(きれ)のようにさきつづけていました」という風景を蘇らせる。大変な苦労があったと思いますし、今も多くのボランティアの方々によってこの風景が保たれていると思うと、感慨深いものがあります。この日、彼岸花が群生している場所に踏み入って、三脚を立てて撮影している人がいました。多くの人の苦労の賜物を、まさに踏みにじる行為であり、残念でした。

ひがん花の赤いじゅうたん: 小栗大造と童話作家・新美南吉の〈平和〉への祈り (くもんの児童文学)ひがん花の赤いじゅうたん: 小栗大造と童話作家・新美南吉の〈平和〉への祈り (くもんの児童文学)
宮内 純子,小坂 茂

くもん出版
売り上げランキング : 780920

Amazonで詳しく見る by AZlink



20150925-DSC_4769

20150925-DSC_4853

雨だとコントラストが低くて、パッとしない写真になるかと思っていましたが、思いのほかいい色でした。

20150925-DSC_4870

彼岸花写ってないけど?いや、僕、傘好きなんですよ...。

20150925-DSC_4874

20150925-DSC_4875

20150925-DSC_4900

石に刻まれているのは、”権狐(ごんぎつね)”の草案。新美南吉が書いたのは17歳とか18歳と言われています。教科書にのっている”ごんぎつね”は、かなり他人の校正が入っているそうです。どちらもネットで読めますので、一度読み比べてみると面白いですよ。

20150925-DSC_4911

やっぱりこういう雰囲気の写真が好きな僕であった...。

20150925-DSC_4916

20150925-DSC_4932

20150925-DSC_4943

20150925-DSC_4954

20150925-DSC_5066

雨の中、同じポーズで彼岸花を撮影する人々。大丈夫、僕も同じ格好です。

20150925-DSC_5084

20150925-DSC_5089

最後に本日のお気に入り。

彼岸花の道


正直なところ雨だとどうだろうと思っていたのですが、少し儚げな雰囲気で、彼岸花らしい写真が撮れたんじゃないかなと思っています。とこんなことを言っておきながら何ですが、翌日は快晴のもと再び矢勝川へ行ってきました...!それはまた次回。
関連記事

tag : 新美南吉,彼岸花,半田市,

2015-09-27 : 風景撮影 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

ザ・フォトヨドの写真
「ザ・フォトヨド」すごいわかります笑 ローキーで前ボケ!笑

ローキーな写真の方がPlumさんっぽいと個人的には思っていますが、2回目の太陽に誘われて撮影した時の爽やかな感じの作品や空気感を切り取ったような作品がいっぱいあって、個人的には好きな写真が多かったです : )
(一回目はほぼロケハンで2回目への布石か…)
2015-10-10 00:39 : のくとん 58mm URL : 編集
No title
>のくとん 58mmさん
いえ、二日目は全く行く予定ありませんでした。
仰るとおり僕はローキーな写真が好みで、雨の彼岸花とか雰囲気あって満足していたのですが、
晴れの彼岸花というのも鮮やかで、思いのほか撮影が楽しかったです。

いつも意識しなくてもフォトヨドっぽくなってしまうのですが、
あの写真は意識してみました(笑
2015-10-10 07:09 : Plum URL : 編集
« next  ホーム  prev »

Profile

Plum

Author:Plum
■撮影機材
D750
Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
RX100
NISSIN i40

Link

twitter

Review List

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。