相互RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

戦場のヴァルキュリア セルベリア・ブレス レビュー/ヴェルテクス

Selvaria Bles/VERTEX

2015年5月にヴェルテクスより発売された、「戦場のヴァルキュリア セルベリア・ブレス」のレビューです。

発売から少し日が経ってしまいましたが、一応発売直後から撮影はしていたんですよ?でも、どうもしっくりこなくて、撮り直しているうちに日が過ぎて行き...。今回は初めてストロボ1灯で撮影しているということもあり、その点でも苦労しました。とまぁ遅くなったいい訳はこれで終わりにして、セルベリア様です。発表当初、僕はまだ購入したことがないヴェルテクスの商品ということで、躊躇していたのですが、今回は製造工場を変えているということで、期待を込めて予約しました。結果的に、アルター等を手がける申華ジャパンではなかったのですが、なかなかクオリティが高い作品に仕上がっていました。ところで、セルベリアはとても立体化に恵まれているのですが、そろそろ不遇のアリシアさんにも光が当たっていいのでは...。

ではレビューです。
原型はmakoto・和可乃(株式会社エムアイシー)。1/7スケール250mmと、1/6に近い大きなサイズです。

20150705-DSC_6548

20150705-DSC_6549

20150705-DSC_6552

20150705-DSC_6554

20150705-DSC_6555

20150705-DSC_6556

20150705-DSC_6558

20150705-DSC_6559

頭身が高いこともあって、サイズ以上に大きく見えます。こういう腰がキュッと入ったポーズはいいですね。(僕の好み)

20150705-DSC_6565

セルベリアといえばアルターのものがプレミア価格になっていますが、こちらもなかなかいい出来です。セルベリアの魅力がよく感じられる造形ですね。

20150705-DSC_6566

20150705-DSC_6567

20150705-DSC_6570

20150705-DSC_6571

20150705-DSC_6572

髪の造形は綺麗ではあるのですが、塗装に重みを感じます。銀髪の表現は難しいと思うのですが、軽く見せるためにはアルターのようにクリアパーツでも良かったかもしれません。

20150705-DSC_6578

足が綺麗なフィギュアは大好きです...!

20150705-DSC_6579

20150705-DSC_6580

20150705-DSC_6583

台座はシンプル。いつも言っていますが、僕にとって台座はシンプルに限ります。

20150705-DSC_6601

金色の塗装は、比較的良好。

20150705-DSC_6610

細部の造形も、クオリティ高いと思います。

20150705-DSC_6624

20150705-DSC_6628

20150705-DSC_6629


頭部を外せば、長い髪に隠れていた背中が露になります。

20150705-DSC_6634

20150705-DSC_6638

20150705-DSC_6646

20150705-DSC_6650

そして想定外のスカートキャストオフ...!

20150705-DSC_6663

20150705-DSC_6665

20150705-DSC_6671

20150705-DSC_6668

20150705-DSC_6675


あとはフリーショットを。

Selvaria Bles testshot

Selvaria Bles testshot

back shot Selvaria Bles/VERTEX

20150705-DSC_6686

20150705-DSC_6714


最後にお気に入りを。

20150701-DSC_6183

この腕がたまらんですよ...!

ヴェルテクス、「戦場のヴァルキュリア セルベリア・ブレス」のレビューでした。
初めて購入したヴェルテクスのフィギュアでしたが、なかなかクオリティが高かったと思います。ただ所々粗があり、特に目立つのが前髪です。毛先にシャープさがなく、バリも結構ありました。また、塗装に関してはおおよそ良好なのですが、左袖で激しく金色が飛び散っていました。とはいえ、全体で見れば十分高いクオリティで、セルベリアの魅力が表現されているフィギュアだと思います。

■ 撮影について
黒背景の写真が購入直後に撮影したものです。この雰囲気でひと通り撮影したのですが、イメージショットにはいいとしても、レビューには不向きすぎて大半をボツに。その後も2度ほど撮ったものの、どうもしっくりこなくて延び延びになっていました。そして落ち着いたのが、まさかの青空背景(和紙)。どうしても暗く撮りたくなるフィギュアですが、元のRAITAさんのイラストも白バックが多いことですし、レビューにはこういうのでもいいかなと思って撮影しました。ただ、ストロボ1灯では、背景へのコントロールができないので、なかなか厳しいものがあったのですが...。やはり、もう1灯は欲しいところです。
関連記事

2015-07-06 : フィギュアレビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

Profile

Plum

Author:Plum
■撮影機材
D750
Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
RX100
NISSIN i40

Link

twitter

Review List

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。