相互RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

相生山でヒメボタル撮影/名古屋市天白区

20150529-DSC_3311

ホタルを撮るぜー!(全く自信はない)

先日、twitterでホタルの写真が話題になっていたので、早速チャレンジしてみました。向かった先は、名古屋市天白区の相生山緑地。撮影方法については、ホタルがどれだけ発生するか分からないこともあって、合成前提で撮ることに。一方、ホタルが発生するポイントはある程度ネットで分かるものの、現地で辿り着けるか不安だったので、日中に下見をしてきました。

20150529-DSC_3297

20150529-DSC_3304

20150529-DSC_3318

20150529-DSC_3334

20150529-DSC_3339

20150529-DSC_3351

この辺りは街中なのに自然が多いなとは思っていましたが、実際に足を踏み入れてみると想像以上に広かったです。現地では、僕の他にもうろうろとしている方が数名いて、やはり撮影スポットの下見に来ている様子でした。ひとりの方と話したところ、昨日の21時くらいは全く光っておらず、光るのはおそらく深夜1時くらいではないかと。18時くらいに景色を撮影しておこうと思っていた僕はいったいどうしたらいいのか...!とりあえずその方と一緒に撮影スポットを探して、ある程度目安が着いたので一旦帰宅しました。

そして22時頃に、再び相生山緑地へ到着。明かりが全く無い暗がりのなか、昼間に目安をつけた場所へ。当然ながら、真っ暗なため背景となる景色が撮影できないし、ピントを合わせることもできない。仕方なく一旦入り口に戻り、明るいところで適度な距離のものでピントを合わせ、ピントリングをテープで固定して、再度撮影場所へ。ひと気の無いところでボーッとしていたら、23時頃から1匹2匹とホタルが現れまじめました。実は僕、ホタルを見るのが初めてなので、光がふわふわと飛んでいる景色には思わず見入ってしまいました。その頃からカメラマンも増え、最終的には僕の周りに5・6人はいたと思います。ホタルが多いときでどのくらい発生するのか分かりませんが、このときは視界に5~6匹といった感じでしょうか。隣の方とカメラ談義をしながらリモコンをポチポチし、なんとか撮影を終えたのが深夜1時。まだホタルは光っていたのですが、もう眠くて眠くて...。

そして完成した写真がこちら。

相生山ヒメボタル
「相生山のヒメボタル」

背景の他に、160枚合成しています。初めてのことなので、なんとか形になっただけでも良しかな...!ちょっとやりすぎの感がしないでもありませんが。一番大きな課題は、やはり背景。ホタルが光るのが20時~21時くらいであれば、夕方に背景を撮影して、そのまま同じ場所で待つのですが、さすがに深夜0時過ぎとなると6時間ほど待つことになり、ぶっちゃけ僕には無理です。後は場所の選定とですね。参考までに、ホタルを撮影する際のカメラの設定は、絞り開放(1.8)、ISO1600、SS20秒でした。

最後に所感を。
ホタルの撮影方法を調べていると、必ず目に付くのが撮影・鑑賞のルール・マナー。特に照明に関しては、厳重な注意がされています。ところが現地では、それらは必ずしも守られてはいません。ヘッドライトを煌々と照らして歩いていたり、ランタンを照らす、カメラマンが雑木林にライトを当てる、スマホでフラッシュを焚いて撮影をする。分かっている人にとってはマナー違反なのですが、ただ知らないだけの人も多いと思うんですよね。どこにもそんな注意書きは無いから。ただカメラマンは、知っててやっている可能性が高いのですが...。
昨年末、ここ相生山緑地を横断する弥富相生山線の計画廃止が決定しましが、自然を守り続けるためには、まだまだやることは多いのでしょうね。
関連記事

2015-05-30 : 風景撮影 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
相生山をフィールドとして活動している者です
以下のコメントtwitさせて頂きました

所感のマナーの項 ヒメボタルの生態を含む「案内人」が急務と思います 
net拡散による見物人急増に追いつかない状況 行政の対応も必要と感じています http://aioiyama.blog.fc2.com/

これからもよろしくお願いします
2015-05-30 23:29 : 森の妖精アイ URL : 編集
« next  ホーム  prev »

Profile

Plum

Author:Plum
■撮影機材
D750
Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
RX100
NISSIN i40

Link

twitter

Review List

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。