相互RSS

SUZUKA Sound of ENGINE 2015/鈴鹿サーキット

Kevin Schwantz & RGV-γ

シュワンツはいつまで経っても僕らのヒーローでした。

随分久しぶりに鈴鹿サーキットにやってきました。何時のとは言いませんが、WGPや8耐の観戦に来ていた頃が懐かしいです(たぶん推測できると思います...!)。相変わらず望遠レンズは持っていないのですが、そこはそれ。50mm(換算75mm)で撮れる写真を撮ればいいじゃないってことで、いつもどおり50mm+35mm+RX100という機材です。ちなみに、写真やコメントが2輪に偏っているのはご容赦を。

さて、5月23・24日の2日間開催された「SUZUKA Sound of ENGINE 2015」。僕が行ったのは1日目の23日です。

20150523-DSC_2287

ゲートオープンは8:30で、僕が到着したのが7:30頃。並んでいる人はそれなりに多かったのですが、入場はとてもスムーズでした。並んでいるときにチケットのチェックがあるのですが、「電子チケットの方は印を付けますので、携帯・スマホの画面を提示してください」という声に、(どうやってスマホに印を...)と悩んだ僕はかなりの情弱だと思い知らされました。

イベントエリアに入ってすぐ展示してあったのが、このイベントのメインとなるマシン、"SUZUKI RGV-γ"と"Ferrari F187"。

20150523-DSC_2305

1987年、初めてのF1日本GPでゲルハルト・ベルガーが優勝したマシン。そのくらいは知ってます。確かこの後、フジテレビが放送するなどして、日本でF1はブームになるのですが、僕、流行モノには興味が沸かないタチだったんですよね...。

20150523-DSC_2325

最近のスーパーカーって妙な嫌らしさを感じるのですが、このマクラーレン650Sは素直にカッコイイとですね。

20150523-DSC_2329


20150523-DSC_2337


イベントまで時間があるので、とりあえずパドック方面へ向かいました。

20150523-DSC_2367

まず覗いたのは、ベネトンのピット。

20150523-DSC_2378

20150523-DSC_2384

20150523-DSC_2390


そして来ました。スズキのRGV-γ!

20150523-DSC_2432
PEPSI SUZUKI RGV-γ('89)

20150523-DSC_2437
LUCKY STRIKE SUZUKI RGV-γ('94)
シュワンツがシリーズ優勝した93年の翌年のマシン。94年といえばミック・ドゥーハン5連覇の最初の年。欲を言えば、僕にとって最も馴染みがある、93年までのラッキーストライクカラーが見たかったけれど、それは贅沢ってものですね。

20150523-DSC_2448

こういう、ピットの中と外の明暗差がある写真が好きだったりします。

20150523-DSC_2455

20150523-DSC_2463

ル・マンで優勝した"MAZDA787B"はさすがに人気あって、エンジンに点火したときは動画を撮影している方が多かったです。ずいぶん昔の名古屋モーターショーで、RX8の前身であるRX-evolvにエンジンをかけた時も、わざわざエンジン音を放送していたのを思い出しました。ロータリーエンジンって思い入れのある方が多いのかな。

20150523-DSC_2486
YAMAHA YZR500/OWC1('90)
ウェイン・レイニーが初めてシリーズチャンピオンを獲ったマシン。僕にはヤマハと言えばマールボロカラーで、このオレンジ色がなんとも言えません。この影響でマールボロを吸ったのは僕だけじゃないはず...。

20150523-DSC_2525

手前がレイニーのOWC1、中がエディー・ローソンのOW98('88)、奥がケニー・ロバーツのOW35K('78)。

20150523-DSC_2521

20150523-DSC_2527

20150523-DSC_2531

20150523-DSC_2534

モニターに写っているのが、誰か分かりますか?まるで90年代にトリップしたかと思うほど、シュワンツのライディングフォームは当時のままです。このブレーキングフォームを見ると、解説者にクレイジーと言わしめたホッケンハイムのレースを思い出します。

20150523-DSC_2557
KAWASAKI KR500('81)
ライダーもメカニックもライムグリーンで統一していて、いい雰囲気を醸し出していました。

そして...きたよ。

20150523-DSC_2576

ピットをぶらぶらしていたら、目の前にシュワンツが!

20150523-DSC_2605

皺の深さに年の経過を感じるものの、変わらないスタイルや表情は、僕の知っているシュワンツのまま。気軽にサインに応じていました。ペンを持ってこなかったことを後悔しつつも、しっかり握手させてもらいました。ちょっとこみ上げるものがありましたよ...!シュワンツの写真は後でも掲載しますが、このイベントで誰よりも走り、誰よりもファンサービスをしていたのはシュワンツでした。いつまで経ってもヒーローですね。

20150523-DSC_2624


20150523-DSC_2630

20150523-DSC_2639
Honda NS500('84)
フレディー・スペンサーのNS500。

20150523-DSC_2643

20150523-DSC_2647

目の前でKR500にエンジンが....ゲホゲホッ!

20150523-DSC_2656

ライムグリーンの世界。

20150523-DSC_2675

20150523-DSC_2677

ベネトンのフロントノーズを撮ったつもりだったのですが、メディアの女性の素晴らしい仰け反りに驚愕です。

20150523-DSC_2678

20150523-DSC_2698

ホンダのS660が3台展示されていました。性能がどういうという前に、興味が沸く車です。

20150523-DSC_2700

こういうイベントに初めて来た僕は、来場者が少ないんじゃないかと危惧していまいたが、結構な賑わいでした。

(さて、そろそろお昼にしようか)と思った矢先に、「ピットウォークはこちらに並んでくださーい!」という声が。

20150523-DSC_2711

先ほどまでピットで撮影していたマシンが、日の光の下に出てきました。

20150523-DSC_2727

20150523-DSC_2729

20150523-DSC_2734

コース上でケニー・ロバーツのトークショーが。

20150523-DSC_2741

望遠レンズがないので、結構トリミングしています...。

20150523-DSC_2754

ということで、遠くから眺めることに。

20150523-DSC_2766

20150523-DSC_2779

中野信治選手。イケメン振りもですが、鍛え上げられた肉体に驚愕。

20150523-DSC_2786

20150523-DSC_2794

20150523-DSC_2804

20150523-DSC_2816
Honda NSR500('89)
NSRと言えばロスマンズカラー。ローソンがホンダに在籍したのは僅か1年でしたので、どちらかというとガードナーやミック・ドゥーハンの印象が強いカラーリングです。

20150523-DSC_2835

天使のような女の子のリュックの絵が気になったり。

20150523-DSC_2842

CAGIVA V589('89)
タンクにあったサインは、ランディ・マモラのものでしょうか。カジバと言えば、このフェラーリと同じようなイタリアンレッド。タバコがスポンサーについていない、珍しいチームでした。当時傘下にあったドゥカティと同じカラーリングですね。

20150523-DSC_2867

ステージでは、シュワンツ、ローソン、ロバーツのトークショー。初めての鈴鹿でのレース、というテーマだったようです。僕がいたときは、ローソンがカワサキで8耐に参戦したときのことを話していました。ローソンも雰囲気変わらないなぁ。

20150523-DSC_2877

ここでやっと昼飯にありついた僕。最近ノンアルコールでもいいような気がしてきました!

20150523-DSC_2943

本日唯一の花(お二人いましたが)。このイベントにはキャンギャルなんて存在しないのです...!

20150523-DSC_2952

再びシュワンツ。まるで8耐で、チームメイトが走る様子をモニターを見ているかのよう。

20150523-DSC_2968

20150523-DSC_2979

20150523-DSC_2988

僕の好きなシーン。

20150523-DSC_2994

エディ・ローソンがいました。サインを求めている人がいましたが、サインはしないとのことで、車で引き上げていきました。某氏の言葉を借りると、ローソンは街のホットステーションにはなれなかったようです...。

20150523-DSC_3002

休憩中。おそろいのニューバランスというのが、なんというかその...。やめておこう。

20150523-DSC_3005

20150523-DSC_3013

ローアングルで撮るとカッコいいですね。今度はミニ三脚を持ってこようかな。

20150523-DSC_3037

20150523-DSC_3047

20150523-DSC_3051

ホスピタリティテラスより。それにしても、この写真を等倍で見ると、メインスタインドの人の表情まで分かるのが恐ろしい。

20150523-DSC_3060

20150523-DSC_3070

20150523-DSC_3138

ちょっと50mmで流し撮りをしてみたり。

20150523-DSC_3222

夕方になり、トレーラーに搬入されるF187。今日のお気に入りの一枚です。

20150523-DSC_3225

20150523-DSC_3240

20150523-DSC_3248

20150523-DSC_3261

さて、相当歩き疲れたので、そろそろ家路へ。

20150523-DSC_3283

20150523-DSC_3288


シュワンツを"見る"のが目的で来たのですが、握手もさせてもらって大満足でした。しかもあれだけファンの前に姿を現して、あれだけ多く走行するなんて、彼がどれだけこのイベントを楽しんでいるかが伝わってきます。イベント全体としても見所が多く、1日飽きさせないイベントだと思います。実はチケット1枚で2日とも入場できるのですが、また翌日来る気力も、車中泊する体力もない僕は、帰宅するなり寝落ちしたのでした...。
撮影に関しては、いつもの感じで50mmを中心に撮りました。実は激熱コーナーと言われる2コーナー内側のゾーンにもいったのですが、あの巨砲が並んでいる中に50mmで割り込む勇気は僕には無かった...!もし僕が望遠を買ったとしたら、流し撮りよりも圧縮効果を使った写真が撮りたいな、なんて妄想はしているのですが、まだまだ先になりそうです。

事前に見た天気予報では、土曜日が晴れ、日曜日が雨。実際は土曜日は曇り、日曜日が晴れ(青空)だったのは、さすが僕と言うべきか...。
関連記事

tag : 鈴鹿サーキット,

2015-05-24 : イベント写真 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

Profile

Plum

Author:Plum
■撮影機材
D750
Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
RX100
NISSIN i40

Link

twitter

Review List