相互RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

散歩写真#11 潜水艦救難母艦ちよだ/名古屋港

潜水艦救難母艦ちよだ

散歩写真は続くよ...!

今回の無計画散歩写真は、名古屋港です。自衛隊の艦艇を直に見たことがなかったので、ここぞとばかりに行ってきました。

潜水艦救難母艦ちよだ

なにやら大音量で聞こえるロックを流しながら歩いていくと、ビルのような艦艇が見えてきました。こちらが潜水艦救難母艦ちよだ。名古屋港に入港するのは、実に10年ぶりとのことです。潜水艦救難母艦とはなんぞやというのは、wikiにお任せしましょうか。
この日、4月26日の一般公開は、8:30~11:00と13:30~15:30。甘く見ていた僕が、現地に到着したのは10:00。いざ着いてみると、凄い行列でした。

潜水艦救難母艦ちよだ

潜水艦救難母艦ちよだ

ここで自衛隊の方からのアナウンスが。並んでいる人が多すぎるため、公開時間でない11:00~13:30も引き続き公開しますとのこと。素晴らしい対応だけど、それって自衛隊の方はお昼抜きでやるってことじゃ...。ありがとうございます!

潜水艦救難母艦ちよだ

潜水艦救難母艦ちよだ

窓から覗いている人は、なぜ白装束のような服を着ているのだろう...。

20150426-DSC_9448

もう少し...!

行列の中で聞こえてくる”艦内に入れるのは3時間後”という自衛官の声、奥さんにブツブツ言われて泣く泣く行列を後にするお父さん。そしてこの快晴の中、妙に密着してくる後ろのおっちゃん。そんな苦行を乗り越えて、意外と早く1時間ほどで中に入ることができました。

潜水艦救難母艦ちよだ

この日は汗をかくほどではありませんが、非常にいい天気。日陰は涼しいです...。

潜水艦救難母艦ちよだ

潜水艦救難母艦ちよだ

潜水艦救難母艦ちよだ

艦内も見学できたものの、後から後から人が続いているので、とても立ち止まって撮影することはできず...。

潜水艦救難母艦ちよだ

潜水艦救難母艦ちよだ

甲板に上がりました。急な階段が多いため、階段には必ず自衛官がいます。どの人も、にこやかにサポートをされていました。

潜水艦救難母艦ちよだ

潜水艦救難母艦ちよだ

質問されている方も多く、質問する知識の無い僕は近くで(ふむふむ...)と思いながら聞いていたのでした。

潜水艦救難母艦ちよだ

この日は晴天ではあったものの、あいにくスカッとしない空。

潜水艦救難母艦ちよだ

深海救難艇付近の機器。当然何か分からないけれど、なんかカッコイイ...!(この適当感

潜水艦救難母艦ちよだ

潜水艦救難母艦ちよだ

潜水艦救難母艦ちよだ

潜水艦救難母艦ちよだ

艦艇から降り、あとはのんびりと撮影しました。

潜水艦救難母艦ちよだ

潜水艦救難母艦ちよだ

奥にあるのが深海救難艇(DSRV)で、手前が人員輸送カプセル(PTC)。DSRVの下には開口部があり、直接海に繋がっています。

潜水艦救難母艦ちよだ

潜水艦救難母艦ちよだ

潜水艦救難母艦ちよだ

潜水艦救難母艦ちよだ

潜水艦救難母艦ちよだ

潜水艦救難母艦ちよだ

僕が並んでいた時間は、この4倍ほどでした。最も多い時間帯に並んでいたかもしれませんね。

潜水艦救難母艦ちよだ


さて帰ろうかと駐車場に向かう途中、何やらイベントをやっていたので寄ってみました。イベントは、築港祭2015という陸前高田市復興交流チャリティーイベントです。

港築祭2015

港築祭2015

名古屋市消防音楽隊リリーエンゼルス。ビシッ!とした動きが、見ていて気持ちいいです。

港築祭2015

港築祭2015

港築祭2015

港築祭2015

子供が見てくれる。気ぐるみは大変だと思いますが、がんばれ...!

港築祭2015

左が陸前高田出身の雪音さん。いい声と歌ですね。

築港祭は17:00まで続くのですが、流石に歩き疲れて岐路につきました。今回初めて自衛隊の艦艇を見ましたが、今後は情報をチェックして、また見にきたいです。それにしても、写真を撮り始めて歩く機会が増えたのですが、体力の低下を痛感します。最近は家に着くと、ちょっとだけ横に...Zzzというパターンですね。

最後に、ちよだ繋がりを少しばかり。

Amano_20150412-96

先日の天野嘉孝展に行った際、かわら美術館を出ると小高い丘に観音様が見えました。

Amano_20150412-101

立派なお墓だけど誰だろうと調べたところ、太平洋戦争にて水上機母艦千代田に搭乗し、特殊潜航艇「甲標的」の艇長としてシドニー湾攻撃に参加された方でした。シドニー湾攻撃で出撃した特殊潜航艇3隻はいずれも帰還できず、戦死とされましたが、この伴艇は64年後の2006年にシドニー湾で発見。遺骨や遺品の引き上げは求めない、という遺族の想いが叶うのを願うばかりです。と、艦これのメンテ中だからとブログを書いている僕でした。
関連記事

tag : 名古屋港,

2015-04-28 : 風景撮影 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

Profile

Plum

Author:Plum
■撮影機材
D750
Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
RX100
NISSIN i40

Link

twitter

Review List

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。