相互RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

The Muse of Range Murata レビュー/アルター

The Muse of Range Murata-66

2014年10月にアルターより発売された、「The Muse of Range Murata」のレビューです。

このフィギュア、気になってはいたのだけれど、同じ月に予約済みフィギュアが集中していたことからスルーしていました。でも、ヘッドフォン少女で「やっぱり村田蓮爾さんのキャラクターはいいなぁ...」と思っていたところに、多数のレビューサイトさんで高評価だったことでトドメを刺されました。まだなんとか、定価以下で買えたので良かったです...!
最近1/6スケールのフィギュアを撮影する機会がなかったので、なかなか苦戦しました。というか最近の撮影はなかなかすんなりいかないことが多いんですよね。レビューとしては少し旬を過ぎていますが、素敵なおしりを堪能いただけたら...と思います!

The Muse of Rrange Murata-2

The Muse of Range Murata-3

The Muse of Range Murata-4

The Muse of Range Murata-5

The Muse of Range Murata-6

The Muse of Range Murata-7

The Muse of Range Murata-8

The Muse of Range Murata-9

さすが1/6スケール。手に取ったときにズッシリとした重量感があります。1/6という大きなスケールで、アルターのクオリティ。これはいつも以上に造形の良さを感じることができます。

The Muse of Range Murata-10

このフィギュアの魅力のひとつである、大きくて綺麗な瞳。光沢仕上げになっています。

The Muse of Range Murata-11

The Muse of Range Murata-12

ショートヘアーにも関わらず、この髪の動き。かなり複雑な動きです。個人的にツボなのが、おでこ...かな。おでこが出てると、なんか可愛らしい。

The Muse of Range Murata-13

The Muse of Range Murata-14

The Muse of Range Murata-15

The Muse of Range Murata-17

ショートカットの後ろ髪の造形が、幾重にもなっていて凄いですね。

The Muse of Range Murata-18

The Muse of Range Murata-19

この紫のマフラーは、着脱可能です。外した姿は後ほど。

The Muse of Range Murata-23

ヘッドフォン少女と比べると、かなり豊満なおっぱい。この、”重力に逆らえない具合”が素晴らしいです。

The Muse of Range Murata-24

The Muse of Range Murata-25

The Muse of Range Murata-26

あえて贅沢をいうなら、肩紐と体に隙間があったらなお良かったです。

The Muse of Range Murata-27

The Muse of Range Murata-45

反らせた背中もいいのですが、僕が気に入ってるのは肩。

The Muse of Range Murata-28

そしてこのフィギュアの魅力その2である”柔らかそうなおしり”。

The Muse of Range Murata-29

The Muse of Range Murata-30

The Muse of Range Murata-44

なんかこう...すべすべな感じがよく出てるんです。このフィギュアを買った人は、必ずおしりを撫でているはずです...!

The Muse of Range Murata-31

The Muse of Range Murata-32

The Muse of Range Murata-33

そして定番のエンジニアブーツ。
The Muse of Range Murata-34

The Muse of Range Murata-35

The Muse of Range Murata-40

革のよれ具合、質感、靴底が木製の部分とゴムの部分に分けられていたり。小物の造形は右に出る者がいないアルターですが、ここまで作りこまれると、分かっていても唸らされます。

The Muse of Range Murata-36

The Muse of Range Murata-41

椅子はデザインの良さに加え、こちらもディテールが凄いですね。

The Muse of Range Murata-42

台座と本体の結合は、右足裏のダボ+左足を椅子で支える形になります。ただ、サンプルのようにうまくはまりません。手と椅子の位置を合わせると右足の裏が浮き、右足をしっかりはめ込むと、手と椅子の位置がずれる。やはり固定を優先すると、手の位置がどうしてもずれてしまいますね。

The Muse of Range Murata-46

The Muse of Range Murata-47

The Muse of Range Murata-69


ここからはマフラーを外した姿でフリーショットを。

The Muse of Range Murata-56

The Muse of Range Murata-62

The Muse of Range Murata-55

The Muse of Range Murata-63

The Muse of Range Murata-64

The Muse of Range Murata-59

The Muse of Range Murata-49

The Muse of Rrange Murata-58


アルター「The Muse of Range Murata」のレビューでした。
初めは瞳が、特に黒目が大き過ぎて、顔のアングルが限定されるんじゃないかと思いましたが、そんなことはありませんでした。比較的どの角度でも違和感なく可愛らしい表情だと思います。唯一、煽りで見ると平面的かな、というくらいです。それにしても、1/6スケールでアルターのクオリティを堪能できるって素晴らしい!ご存知の通り、アルターのフィギュアはいつも寸分の隙もないクオリティーなのですが、今回は更に磨きがかかっている印象です。1/6でこのクオリティということを考えれば、昨今のフィギュアの価格からすると、定価12,000円というのはかなりお買い得です。あぁ、村田蓮爾沼にハマりそうだ...!

■ 撮影後記
僕にとっては、非常に難しかったです。瞳の反射、顔に左右からかかった髪。どちらも完全に対処するのが難しかったので、妥協点を探るのに苦労しました。後半のマフラーを外した写真は結構気に入っているのですが、これ、撮影がひと通り終わってから、ふと思い立って試したセッティングなんです。あれだけ苦労して撮影したのに、一番気に入ってるのは最後にササッと撮った写真かよ...!と思ってしまいますが、得てしてそういうものですよね。テストショットが一番いい、なんてのが割とあって困ったものです。たぶん難しく考えすぎなんでしょうね。シンプルに、上手く撮れるようになりたい!

■ The Muse of Range Murata レビュー
フィギュア撮影 アルター The Muse of Range Murata/アキバフォトグラフィーさん
The Muse of Range Murata レビュー/麒麟@キリンの気分さん

関連記事

tag : 羽根モトカツ,渡邊恭大,村田蓮爾,アルター,

2015-01-19 : フィギュアレビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

Profile

Plum

Author:Plum
■撮影機材
D750
Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
RX100
NISSIN i40

Link

twitter

Review List

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。