相互RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

島田フミカネコレクション Vol.1 ELIZABETH レビュー(2008ムーントイズ)

Elizabeth-1

2008年にムーントイズより発売された、「島田フミカネコレクション Vol.1 ELIZABETH(エリザベス)」のレビューです。

さてさて、また古いフィギュアのレビュータイムがやって参りました。
2008年当時はフィギュアに興味がなかった僕にとって、ムーントイズというメーカーも、発売元であるビーグルという会社も始めて聞く名称で、ネットで検索しても今では何の情報も得られません。ムーントイズ名のフィギュアは、このエリザベスと、「村田蓮爾 ヘッドフォン少女」だけのようです。ただ、エリザベスの箱には”あの”シールが貼ってあります。フィギュア好きの方なら分かりますね。そう、アルターやグッスマなどの生産をしている”申華ジャパン”のシールが...!

ただし、現在ムーントイズの公式サイトは存在しませんので、Amazonの説明を引用させていただきます。
”第二次世界大戦時にアメリカ合衆国で生産された、M4戦車。車体上部が一体鋳造され丸みを帯びた車体のM4-A1を、島田フミカネ氏がイラスト化。戦車部・女の子の魅力を余すところなく立体化しました。島田氏の監修を経てお届けいたします。”
ということで、ストパンの陸上版とでも言うのでしょうか。島田フミカネ氏のイラストを立体化したものです。情報があまりないので、箱の写真も載せておきます。

Elizabeth-50

表面。

Elizabeth-51

裏面。

それでは、レビューをどうぞ。

Elizabeth-10

Elizabeth-3

Elizabeth-4

Elizabeth-5

Elizabeth-6

Elizabeth-7

Elizabeth-8

Elizabeth-9

写真だと大きく見えるかもしれませんが、1/12スケールで全高16㎝と小さなフィギュアです。もうまさに島田フミカネ氏キャラです。スカートもズボンも履いていないことからも、分かりますか...ね?彼女が脚に装着しているのは、陸上用のストライカーユニットだそうです。

Elizabeth-11

Elizabeth-12

Elizabeth-13

Elizabeth-14

Elizabeth-15

どの角度から見ても破綻のない顔で、アイプリも良好。可愛らしいですね。

Elizabeth-16

そして僕はゴーグルに弱い...!女の子が着けてるからではなくて、単にゴーグル好きです。昔GB400に乗っていた頃は、ゴーグルを着けていたものです。

Elizabeth-17

これはネズミの耳ですよね。彼女の使い魔はネズミのようです。耳の部分のステッチが、とても細かくていいですね。

Elizabeth-18

Elizabeth-19

三つ編みにはグラデーションが掛かっていて、造形もなかなかいいですね。

Elizabeth-20

服は、決して緻密な造形ではないのですが、質感溢れる味のある塗装が素晴らしい。

Elizabeth-21

Elizabeth-22

Elizabeth-23

ホント、質感がすごい。

Elizabeth-24

さて、一気にメカメカしくなる脚部。こちらは陸上用のストライカーユニットです。ストパンの航空用との違いは、なんと膝が曲がる!っぽいことですね。

Elizabeth-27

1/12スケールなのに、造形が細かいですね。

Elizabeth-26

ちなみに膝から下の部分は、キャタピラです。

Elizabeth-28

そしてこちらは、妙に質感が高いシャベル。なぜシャベルにここまで拘ったのか...!でもイイですね。(ここで、これはシャベルなのかスコップなのかと悩んでおりました...)

Elizabeth-29

彼女が構える武器は、M4A1(Early)の砲塔でしょうか。戦車は全く詳しくないので、こういうときは多くを語らないに限ります。

Elizabeth-31

Elizabeth-32

Elizabeth-33

この辺りのウェザリング塗装がいいですね。

Elizabeth-34

なかなか味があって、いい出来です。

Elizabeth-25

彼女はウィッチですので、お尻には当然シッポ。ネズミのシッポですね。

Elizabeth-35

Elizabeth-37

台座は至ってシンプル。こういうのはシンプルに限ります。

Elizabeth-38

帽子は載せているだけなので、取り外すことができます。小さいながらもいい出来です。

Elizabeth-39

帽子を取るとこんな感じに。

では、脚のパーツを交換してみましょう。
Elizabeth-40

Elizabeth-41

スラリと伸びた脚が眩しいです...!縞々ニーソにすることで、接続部分が全く気にならないのもいいですね。

Elizabeth-42

Elizabeth-43

Elizabeth-44

Elizabeth-46

少しパンツが見やすくなります。

Elizabeth-47

前は厳しい...!

Elizabeth-48

そしてこだわりが感じられるのが、この靴。

Elizabeth-49

なにこの質感...。靴ひとつにここまで拘った塗装をしているフィギュアは、初めてです。

ここまできて何ですが、このフィギュアはメガネをかけてるのがデフォルトです。でも...
Elizabeth-36

硬くて上手く装着できなかったんだよー!破損が怖くてやめた、僕はチキン野郎です。

では、最後にフリーショットを少し。

Elizabeth-52

Elizabeth-53

Elizabeth-54

Elizabeth-55


「島田フミカネコレクション Vol.1 ELIZABETH」のレビューでした。

これは味のあるフィギュアですね。古くともさすが申華ジャパン製です。本文でも書きましたが、決して緻密な造形ではないのですが、質感溢れる塗装が本当に素晴らしい。発売当時の価格5,184円に対して、今でも定価以上で取引されていることから、その出来の良さが伺えます。僕はたまたま中古をショップで見て興味が沸いて、別途運よく未開封品を入手できました。この島田フミカネコレクションは、NO.3まで発売されましたが、どれも多少プレミアが付いているようです。機会があれば揃えたいところですが、ちょっと値段的に厳しいですね。
関連記事

tag : ムーントイズ,ビーグル,島田フミカネ,鈴木賢,福元徳宝,

2014-10-14 : フィギュアレビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

Profile

Plum

Author:Plum
■撮影機材
D750
Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
RX100
NISSIN i40

Link

twitter

Review List

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。