相互RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

まおゆう魔王勇者 魔王 紅玉の瞳 レビュー(2013コトブキヤ)

Maou-37

2013年10月にコトブキヤより発売された、「まおゆう魔王勇者 魔王 紅玉の瞳」のレビューです。

まおゆう勇者魔王はアニメしか見たことがないのですが、同じ著者(橙乃ままれ氏)のログ・ホライズンとともに好きな作品です。また経済アニメと言えば、まおゆうとスタッフがほぼ同じ「狼と香辛料」がメジャーですが、こちらも僕は大好きです。さて、コトブキヤから発売されていた魔王のフィギュアですが、先日近所のショップで新品を回収してきました。ショップに行くたびに売れていないのを見ていたので、「これは僕が引き取らなければ...!」というステキな言い訳義務感にかられてしまいました。前々から造形に興味があったので衝動買いではないのですが、それでも想定を遥かに超える素晴らしいフィギュアでした。

レビューの前に、コトブキヤさんの解説がなかなか良かったので、抜粋して紹介させていただきます。
長いスカートを両手で持ち上げながら振り返って微笑みを見せる姿は、聡明かつ穏やかな魔王の魅力が詰まっています。また、スカートの翻りは躍動感がありながら自然で、内側の豪華なフリルの造形にもこだわりました。腕の宝石など、衣装の細かいところまで徹底的に造り込まれております。
また、ベースは「あの丘の向こうを見てみたい」といった魔王の言葉から、大地と丘のイメージで作成しています。そして何より、忠実にアニメの駄肉感を再現!是非魔王の駄肉感をフィギュアでご堪能ください。



駄肉感を再現...!で、ではこの解説を踏まえて、レビューに行ってみましょう!

Maou-3

Maou-2

Maou-4

Maou-5

Maou-6

Maou-7

Maou-8

Maou-9

特徴的なのは、何と言っても大きく翻ったスカート。迫力ある動きと、内側のフリルまで造り込まれた造形は圧巻です。また、指で摘んでいるポーズが、なんとも可愛らしいですね。

Maou-47
魔王のくせに、聖母のようなこの微笑。僕も魔王のものになりたい...!

Maou-32

Maou-44

Maou-34

Maou-46

Maou-45
コトブキヤの解説に偽りなく、溢れる駄肉感がしっかりと再現されております!またファーの部分は、袖口とともにクリアパーツで成形されています。

Maou-10

Maou-22

Maou-24
上の写真、スカートの上部の表面がかなり荒れているのが分かると思います。全体的に塗装、仕上げとも十分丁寧だと思うのですが、このスカート上部だけが残念なところです。(個体差なのかもしれません)

迫力あるスカートを俯瞰で。

Maou-14

Maou-13

Maou-15

Maou-12

Maou-11

Maou-16

Maou-25
全身写真でお分かりのように、スカート後方が翻っているということは、後ろからだと丸見え...です!

Maou-29
チラリと見えるくらいがセクシーではありますが...

Maou-28

Maou-27
溢れる生足感...!

Maou-26
パンツが光沢塗装というのがニクイです。パンツだけでなく、スカート内部のフリルもしっかりと塗装、造形されています。似たようなスカート後方が翻ったフィギュアに、同じコトブキヤの「クララクラン」がありますが、技術的な進歩を非常に感じます。

Maou-30
台座は、コトブキヤの解説にあるように、大地と丘をイメージしたもの。小さいサイズですが、安定感はあります。主張しすぎずに雰囲気を出している、いい台座ですね。
なお、本体と台座の結合は、右足の金属棒とダボです。しっかり固定されていますが、なにぶんスカートの重量がかなりありますので、不安は拭いきれないところです。

それでは、以降はフリーショットを。

Maou-36

Maou-35

Maou-21

Maou-20

Maou-19

Maou-18

Maou-43

Maou-38

Maou-40

Maou-41

Maou-42

Maou-49

コトブキヤ、「魔王 紅玉の瞳」のレビューでした。

魔王の微笑みと、迫力ある翻ったスカート、そして駄肉感。コトブキヤさんの解説に偽りなしです!僕にとってはかなりお気に入りのフィギュアになりました。唯一、スカート上部に塗装の乱れが酷かったのですが、肉眼では気にならない程度です。ところでこの魔王さん、角なしverにすることもできるのですが、髪パーツが外れ難く、破損が怖くて止めました。という訳で、角なしverの写真がありません。なんというレビューサイトにあるまじき行為!小心者でゴメンナサイ...

関連記事

tag : まおゆう,阿部まさと,コトブキヤ,魔王,

2014-07-06 : フィギュアレビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

Profile

Plum

Author:Plum
■撮影機材
D750
Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
RX100
NISSIN i40

Link

twitter

Review List

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。