相互RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

フィギュア撮影:フィギュアと背景の光量バランス

Onegai twins test-7

フィギュアの撮影において最近悩みの種なのが、背景紙の選択と、同じく背景紙への照明。そんなところに、フィギュアと背景との照明のバランスについてアドバイスをいただいたので、今日はレビューではなく、その辺りにポイントを絞って撮影してみました。それでは、撮影の素人が四苦八苦する姿をご覧ください!!

はじめに、我が家の照明環境はというと、クリップライト(白熱灯)の60W×2と30W×1です。これに100均のカラーボード(白)をカットしてレフ板として使用、ディフューザーはトレペか乳半アクリルといったところです。バンクライトは一度使ってみたいと思っているのですが、先立つものがありません...!

さて、背景紙の選択については、サグラのきままブログさんの記事でとても丁寧な記事があり、僕も勉強させていただきました。が、正直なところまだそこまで考えることができておりません...。ぶっちゃけキャラクターのイメージと、ふ・・・雰囲気?で決めてしまっています。ここは、今後もっと考えていかないといけない部分です。それで、手持ちのフィギュアにカッコイイ系が多いことから、比較的暗めの背景にすることが多いのですが、その逆のカワイイ系フィギュアの撮影が大の苦手だったりします。過去に撮影した写真を見てもらえば分かるかと思います。

Meer Campbell-22

フィギュア本体を明るくしようとするあまり、背景紙の色はほぼ飛んでしまっています。この背景紙には前々から苦手意識があって、「こんなの撮影中に気付くだろう?」と思うでしょうが、何故か撮影中は気にならないんですよね。そして、現像のときに「あれれ...?」となる。なぜこうなるかというと、背景への光量を、全く考慮していないからです。

次に、今日「フィギュアと背景との光量バランス」を考えて撮影した写真。

Onegai twins test-4

モデルは、「おねがいツインズ 宮藤深衣奈&小野寺樺恋/2004MaxFactory」の小野寺樺恋さん。スカート(正しくはパンツ)に手を突っ込んだポーズという、なんとなくネイティブ臭を感じるフィギュアだと思っているのですが、それは置いおきましょう。写真としてのクオリティの部分はスルーしていただくとして、背景紙の色はなんとか残っています。照明はこんな配置にしています。

Onegai twins test-8

右の黒いボードの奥に60Wのクリップライト(メインライト)があり、フィギュアとの間に乳半アクリルをディフューザーとして置いています。そしてトップに30Wを1灯。(トレペが手持ちなのはご愛嬌...)右のメインライトの光がレンズに入らないように、ライトの手前に黒レフ(ダンボールに黒画用紙を貼ったもの)を置いています。
そのままだと背景が明る過ぎたので、今回は、右のメインライトの奥(背景紙側)を黒画用紙で少し遮りました。フィギュア本体を適正露出にして、背景への照明を調整するということです。撮影して黒画用紙での遮り具合を調整して、を何度か繰り返した結果、少なくとも今までよりは良くなったと思います。
今回なぜこのようなことをしたかというと、最近背景に悩んでいたところに、「フィギュアと背景への光量は調整してる?」と言われ、「いや、まったくしておりません...!」というやり取りがあったからです。改めて思ったのは、最初のセッティングにはしっかりと時間をかけて、やるべきことをキチンとやらないとダメだ、ということですね。まぁ僕はA型に見られがちなO型人間ですので、見えないところでは大雑把だったりするのですよね。

それでは最後に、このセッティングで撮影した写真でお別れです。

Onegai twins test-5

「シュッ」

Onegai twins test-6

「ザザーッ!セーフッ!」(意味不明)

関連記事

tag : おねがいツインズ,

2014-05-24 : フィギュア撮影 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

Profile

Plum

Author:Plum
■撮影機材
D750
Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
RX100
NISSIN i40

Link

twitter

Review List

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。