相互RSS

蒼崎青子 10周年記念ver.レビュー(2012バンプレスト)

Aoko Aozaki

正確に記載すると、「一番くじ B賞 蒼崎青子 10周年記念ver. プレミアムフィギュア」(長い!)のレビューです。
普段、プライズやくじのフィギュアは買わないのですが、それでも稀に気になるものもあります。一番くじのヨーコと、同じく一番くじの蒼崎青子がそれです。けれど、クオリティが低いのを分かっていて、お安くない金額を払うのも・・・と考えてスルーしてきたのですが、なんと!ホビーショップで未開封3,000円で売ってるじゃありませんか!という訳で、さっそくレビュー行ってみましょう。
(ちなみに魔法使いの夜は未プレイ。青子を見たことがあるのは月姫だけだと思います。)


Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

青のイブニングドレスがなんとも美しい・・・。もう、このドレス目当てで購入したようなものですからね!

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

青子の特徴的な髪型ですが、違和感なくすばらしい。

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki
主張の激しいオッパイですが、後ほどじっくりと・・・!

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki
このドレスを摘んでいる仕草が、なんともあざとい!

Aoko Aozaki
背中の造形も、なかなか良いですね。

Aoko Aozaki
右手のブレスレットがいいアクセントになっています。

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki
いやしかし、デカイっすね・・・。

Aoko Aozaki
ドレスのサイドの分割線は、かなりハッキリしています。

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

このフィギュア、足もかなり好きです。だから枚数多目です!

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki
なんか、靴の広告にでも使えそうなカットですね。

Aoko Aozaki
台座はシンプルな白に、TYPE-MOON10周年のマークと文字。

ところで、この台座がなかなか曲者でした。一番くじは初めて買ったのですが、台座に固定するのが非常に難しい。というよりも、造りが手抜きなんだと思います。凹こんな形のプラスチックのパーツを、穴が2つ開いた台座に通して、それをフィギュアの穴にはめ込みます。これだけで安定性がなさそうなのが分かると思いますが、さらにこれがキッチリ嵌りません。ちょっと手を加えて、なんとかある程度固定できましたが、このフィギュア最大の欠点ですね。

Aoko Aozaki
バストアップです。

Aoko Aozaki
ニッコリ微笑んだ表情。アイプリも口元の造形もなかなか良好。

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

さて、このフィギュア。ドレスのクリアパーツの部分を外すことができます。

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki
これはこれで、スタイルの良さが強調されていいですね!

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

Aoko AozakiAoko Aozaki

Aoko Aozaki
なんて柔らかそうな・・・!

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

キャストオフverは、以上で終わりです。
だがしかし!このフィギュア、もう一段キャストオフできるんですね。恐らく正式な仕様ではないと思いますが、ドライヤーで暖めてあげれば、それほど無理なくスカート部分を外すことが可能です。ただし、色移りしてる可能性が大です。僕のモノも、盛大に色移りしていましたが、そのまま撮影します・・・!

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

ドレス姿のときはただのストッキングかと思いきや、ガーターストッキング!しかもパンティーまで青とは、拘りですね。

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki
シリルのスツールを拝借。1/6のスツールはちょっと大きめですが。

Aoko Aozaki
なんというか、坊や呼ばわりされそうな気がします。

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki
造形はダルイのですが、雰囲気はよく出せていると思います。

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki

Aoko Aozaki
この笑顔に、あの下着とは・・・!

Aoko Aozaki

魔性のverは以上です。
最後に、ちょっと可愛らしい感じのイメージショットを。

Aoko Aozaki

一番くじ蒼崎青子のレビューでした。

造形はダルイ、塗装は単色塗りが多く、ゴミも多く巻き込んでいる。クオリティで言えば、やはりくじのフィギュアです。しかし、それを補って余りある魅力がこのフィギュアにはあると思います。その最たるものは、なんと言ってもドレスです。このドレスを撮影したい!という思いがあって、このフィギュアを買ったといっても過言ではありません。実物を見てみると、微笑んだ表情や、やわらかそうな・・・など、ポーズを含めてとても魅力的なフィギュアだと思います。

【撮影について】
Aoko Aozaki

ホワイトバランスの調整にと、QpCARD101を購入しました。AkibaPhotographyさんでよく写真に写っているものです。それにしても、こういう写真を撮ると、なんかちゃんと現像で調整してるっぽい気がします!・・・もっと現像の勉強をしよう。

関連記事

2014-03-02 : フィギュアレビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

Profile

Plum

Author:Plum
■撮影機材
D750
Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
RX100
NISSIN i40

Link

twitter

Review List