相互RSS

Fate/hollow ataraxia セイバーオルタ 水着Ver.レビュー(2014アルター)

alterswim43

アルターのセイバーオルタ水着Ver.のレビューです。
セイバーオルタといえば、アルターのメイドver、グッスマの卑王鉄槌、そしてソリッドシアターと、名作揃いのキャラクターですよね。あいにくメイドverしかもっていませんが、いつか他のも入手したいところです。さて、そんなセイバーオルタに水着Verが追加されました。アルター製なので出来は言わずもがなですが、造形がシンプルな感じがしたのでどうかな~と思っていたのです・・・が。これはこれで魅力あるフィギュアでしたよ!

1/6スケールですが座っていますので、全高は130mmとコンパクトです。

alterswim01

alterswim02

alterswim03

alterswim04

alterswim05

alterswim06

alterswim07

alterswim08

alterswim09

アイスを口元に近づけている可愛らしいポーズであるのですが、肌にピッチリと張り付いた水着のおかげで、なんとも艶かしい雰囲気があります。僕の見る目が邪なのだろうか・・・。

alterswim42

alterswim41
あーん、と小さく口を開けたお顔。他のオルタのフィギュアに比べて、大分柔らかく可愛らしいです。

alterswim20
やっぱり見下されるのって最高だよねー。ね!

alterswim27

alterswim16
肌の色は、メイドverの白い肌よりは少し黄みがかっている感じ。

alterswim34
リボンはメイドverより大きめ。結った髪の造形は同じくらいいい出来だと思います。

alterswim33
手に持ったアイスはクリアパーツで、よく雰囲気が出ています。アイスは指の間にはさんでいるだけですので、ずれやすいかもしれませんね。何か他のものを持たせてみたかったのですが、あいにく面白いものがなく・・・。

alterswim26

alterswim15
ぷにぷにしたくなるのは僕だけではないはずです。

alterswim21
胸からお腹にかけてのラインが素晴らしい!ちなみに水着は黒一色ですが、グラデーションがかかっています。

alterswim11

alterswim12

alterswim13

alterswim14
なんという背中美人・・・!僕の持っているフィギュアの中でも、最も背中が美しいのではないだろうか。

alterswim36

alterswim35
水着と背中との隙間。こういう隙間の造形って大事なんですよね。

alterswim18

alterswim22

alterswim38
指の造形がこれまたイイ。

alterswim28
台座はクリア素材。フィギュアは固定ではありません。

alterswim25

alterswim24

alterswim31

alterswim37

alterswim23
ちなみに、お尻の設置部分は平らです。僕としては、この方が安定性があっていいです。

alterswim29

alterswim30

alterswim39

alterswim32

alterswim40
やっぱり後ろ姿がいいですね・・・。

とここまで明るい背景で撮影してきましたが、やはりどうも艶かしい雰囲気がある・・・。ということで、背景と照明を変えてみました。

alterswim44

alterswim45

alterswim46

alterswim47

alterswim48

alterswim49

alterswim50

alterswim51

alterswim52

alterswim53

alterswim54

alterswim55

alterswim56

alterswim57

alterswim58

alterswim59

alterswim60

alterswim61

alterswim62

alterswim64

最後はやはり美しい背中で。

セイバーオルタ水着verのレビューでした。あどけない表情とポーズでありながらも、ピッチリした水着と背中の美しさにより、妖しげな美しさもあるフィギュアですね。そのせいで撮影途中からイメージが変わってきてしまいました・・・。造形・塗装とも、お決まりの言葉ではりますが「さすがのアルター」です。きっと背中美人フィギュアとして、語り継がれることでしょう!

■撮影について
今回は花を置いてみちゃったりしました。ちょっと艶かしい雰囲気になったでしょうか?撮影で花を使うのは今回が初めてでしたが、なかなか面白いですね。ただ、花への照明ももっと考えないといけないな、とは思いました。

■記事へのリンクありがとうございます
フィギュア撮影 アルター セイバーオルタ 水着Ver.AkibaPhotographyさん)

■後日撮影分を追加

Saberalter20140608

Saberalter20140529-21

Saberalter20140529-2

Saberalter20140529-14

関連記事

tag : 橋本涼,アルター,セイバーオルタ,TYPE-MOON,

2014-01-18 : フィギュアレビュー : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
やはりアルターは外しませんねぇ・・・。綺麗な仕上がりがわかります。
細かい造形もこの塗装技術があるから生きているのだと思います。
自分も結構迷ったんですが、いまのところまだポチっておりません(^^;

見る目が邪・・・って、男はみんなそうじゃないです?w
個人的な持論ですが、女性への美の追求って自分のBLOGの昔の記事にも書きましたけど、やっぱりそういった意識があるからこそなんだろうと思います。
だからこその美少女フィギュア(言い回し古いですが(^^;)だと思いますよ~。
美だけの追求ならメカでも男のフィギュアでもいいわけで、やっぱり女性のフィギュアを
撮りたいとなると、そこにホルモンが関係しているように思いますw

そうそう背景の花ですが、ついに情景まで拘って写真に撮られるようになったんですね。
サグラさんが同じようなの良く撮られてますよね。
自分は小物まで用意するのは無理だ~w
2014-01-18 01:01 : うぃん URL : 編集
No title
>うぃんさん
邪と言ったのは、可愛らしい雰囲気のフィギュアなので、明るく撮影するのが
基本かな~と思いましてw
僕の撮影は、カッコ良く!が基本ではありますが、美少女フィギュアであれば
どんなにカッコイイ系であっても、多分にエロさはありますし、
メーカーもそれを狙っていますからね。
いや、まぁ大歓迎なのですがw
背景についてはですねぇ・・・背景紙が少ないのですよ。
フィギュアにあわせてチョイスできるくらいバリエーションがあれば
いいのですが、何分手が廻っておらず・・・。
たまたまこの花が手近にあったから使ったのですが、
本当は最初からイメージを持って撮影したいところですね。
2014-01-18 01:13 : Plum URL : 編集
« next  ホーム  prev »

Profile

Plum

Author:Plum
■撮影機材
D750
Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
RX100
NISSIN i40

Link

twitter

Review List