相互RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

塵骸魔京イグニスで撮影練習

ignis03

そうそうフィギュアばかり買っていられないので、古いフィギュアで撮影練習してみました。モデルは2006年にMAXFACTORYより発売された、塵骸魔京イグニス。古いけれど、いいフィギュアです。(前のめりに傾きますが!)

まず、メインライトを顔や髪への光の当たり方を見ながら、左横に固定。これにレフ板の有無と、あと背景の演出にもう1灯追加したりしています。背景紙はあまり種類を多くもっていないので、照明でなんとかしよう・・・!という寸法です。

ignis04
①左1灯のみ。

ignis05
②左1灯+右レフ板+右奥から1灯。背景紙は厚めの和紙を使っていて、照明の当て方によっては、このようにムラができて面白いです。

ignis07
③左1灯+右1灯。

ignis08
④左1灯+右1灯をフィギュア下の背景紙にバウンス。

レビュー用なら③、好みなら②といったところでしょうか。①は顔が暗すぎですね。

ignis09
左1灯のみ。

ignis10
背景紙右側に照明。

ignis11
背景紙にバウンス。

ignis12
右にも1灯。

ignis13
背景紙へ1灯。

ignis14
背景紙の裏から1灯。

ignis15

ignis16
見下して欲しいんでしょ?

クリップライト1灯+αでも、色々な写し方がありますね。僕がメインライトで気にするのが、顔と髪への陰影の入り方なのですが、本当に時間をかけてキッチリ調整しているかと言われると、たぶんそこまでしていないと思うのです・・・。それゆえ、現像しながら自分にダメ出しすることが多いのでしょうね。どんな写真を撮ろうかイメージして、そのイメージに合うように照明を調整して・・・。なかなか自分の写真には納得いかないことが多いですが、まずはテクニックを身に着けたいところです。機材は必要になったら・・・で!

関連記事

tag : 塵骸魔京,イグニス,MAXFACTORY,

2014-01-11 : フィギュア雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

Profile

Plum

Author:Plum
■撮影機材
D750
Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
RX100
NISSIN i40

Link

twitter

Review List

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。