相互RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

コンプティーク30周年

comptiq201312_1

2013年12月号が創刊30周年というコンプティーク。20数年ぶりに買ってみました!

30年生き残っている雑誌だけあって、僕が見ていた20数年前とは、内容が大きく変貌してます。記憶にあるコンプティークと言えば、アイドルの表紙、ゲームの裏技や改造、ロードス島戦記リプレイ、そして福袋。自分はLOGiN派だったのでコンプティークを買うことは少なかったのですが、友人の家でロードス島リプレイは欠かさず読んでいました。コンプティークって、やはりアダルトゲームを紹介する福袋が有名だったのですが、真面目な僕にはすごく下劣な雑誌に思えたのですよね(笑)今にして思えば、それってある意味不健全な子供です。
まぁそんなPC雑誌だったコンプティークも、30周年号では、表紙に初音ミク、巻頭特集に艦これ、記事で多いのはTYPE-MOON系、そして漫画が半分を占めているという雑誌でした。それに付録が盛りだくさん!B1の両面ポスターが2枚、艦これストラップが3個、ロードス×TYPE-MOONのドラマCDと、雑誌よりも付録がメインじゃないのかな(笑)
このように昔とは丸っきり別物の雑誌ですが、こうして姿形を変えながらも、30年も生き残るというのは凄いものですね。

付録ポスターの紹介でも。

comptiq201312_4

TYPE-MOON Fesのセイバー、青子、アルクですよね?うーん、やっぱアルクが好きだ!

comptiq201312_3

武内崇によるセイバー×ディードリット!セイバーはなかなかいいんだけれど、ディードは目が細くないから(これでも細くしてるのでしょうが)、別人がコスプレしてるようにしか見えないな~。

comptiq201312_2

最後に艦これより夕立ちゃん改二。初期が手抜きとしか思えないほど、改二で一気に可愛くなりましたね。放置するときは夕立にして、「えーっとぉ、放置っぽい?」と言わせている提督さんもきっと多いでしょう。まぁ僕のことですが。

付録には、他にTYPE-MOON×ロードス島戦記30周年ドラマCDがあります。キャストはセイバーの川澄さんの他、なんとパーンの草尾さん、ディードの冬馬さんが出演されています。このCDが、コンプティークを買った理由のひとつなんですけれどね。内容は50分間、各キャラで昔のコンプティークを振り返るものです。主に80年代が多く、テーブルトープRPGのリプレイをしちゃったりもしますし、もちろん福袋にも触れたり(笑)ロードス島戦記も今年が25周年ということもあり、まぁさすがにキャストのお二人も久しぶりですからね、何の役か良く分からない感じはあります(汗

今回は30周年ということで、当時を振り返る記事も多く、とても懐かしく思いながら読むことができました。あぁコンプティークといえば、故中野豪氏のイラスト好きだったな。

関連記事

tag : コンプティーク,艦これ,ロードス島戦記,

2013-11-09 : 読書 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
コンプティーク。懐かしいですね。
他にLOGiN、テクノポリス、I/O、BASICマガジンなどの雑誌を買った事があります。
検索してみるとこの中で今でも生き残っているのはコンプティークとI/Oぐらいでしょうか。
I/Oは電子工作やプログラム系の高度な記事が多かったので(広告も多かったけどw)
他の情報誌とは趣旨が違う感じの雑誌でしたけどね。

今や情報はネットで手に入れる時代になってしまい月刊誌に頼る時代でもなくなったので、
自分も雑誌はほとんど買わなくなりました。
そういった時代の流れの中で創刊30周年はすごい事だと思います。

コンプティークとLOGiNは数年買い続けたので、実家の押入れに結構な量の雑誌を残して
いたのですが、数年前に全て処分してしまいました。
たまに読み返したくなる事があるので残しておけばよかったかな?と少し後悔してたりw
2013-11-10 10:44 : うぃん URL : 編集
No title
>うぃんさん
PC雑誌で買った記憶があるのは、LOGiN(そういえばiは小文字でしたね)、コンプティーク、
テクノポリス、BASICマガジン、Beep!、マイコン、Oh!X(X1だったので)くらいですね。
I/OやASCIIは当時の自分には訳の分からない雑誌でしたので、買いませんでした。

確かに”情報”はネットで得る時代になり、雑誌にその役割はなくなってしまいましたね。
僕も雑誌を買うことはなくなりました。
そんな中でコンプティークのように、付録やイラスト、コミック、その他ネットでは
得られないものを売りにして今も売れ続けているというのが、他誌がやらなかった、または
できなかったことなのでしょうね。
思い返せば、福袋も他誌ではやらなかったことでしたねw
2013-11-10 11:26 : Plum URL : 編集
No title
おお、そういえばBeepやマイコンなんてのもありましたね。
Beepの特徴はやはりゲームミュージックのソノシートでしょうか。
あれが異彩を放っていた気がしますw

ちなみにI/Oは、記事の内容というよりも広告目当てと個人売買のコーナーが充実していたので、
それの利用目的でのみ数回買ったぐらいでした。
今のようにネットがあるわけではないので、広告そのものが情報源の時代でもあったんで・・・。

福袋はその後PCエンジェルとかバグバグでしたっけ?
そっち方面の専門誌がいくつか創刊されたので目玉というほどのものでも無くなったように思います・・・w
2013-11-11 20:38 : うぃん URL : 編集
No title
>うぃんさん
あぁそういえば、Beep!といえばソノシートでしたね。すっかり忘れてました。
ゲームミュージック好きだったので、好きなゲームのときは買っていたと覚えてます。
SEGA全般やTAITOのダライアスとか、今でもメロディ口ずさめますねw

確かにゲームの情報も雑誌から得るしかなかったので、I/Oやマイコンみたいな
広告が半分はあろうかという分厚い雑誌の広告は、貴重な情報源でしたね。
立ち読みはよくしたような・・・。
2013-11-11 21:23 : Plum URL : 編集
No title
懐かしいですね、コンプティーク。
リプレイ目当てで毎月買っていました。
僕はコンプティーク担当で当時の友人はベーマガ担当でしたw

ロードス島戦記といえば25周年記念でBlu-rayBOXでOVAのリマスターが
発売されるのだそうですよ。
ただ、ディスク二枚とブックレット1冊で定価¥39000
アマゾンでも¥29000で高額すぎるとかなり不評のようです。
僕も一度内容を見てしまっていますし、そこまでの金額を払ってまでも
というほどではないかな~、と?w
2013-11-12 07:03 : Garm URL : 編集
No title
>Garmさん
やはり分担がありますよね。僕はLOGiNで、友人がコンプティークだったかな。
ロードス島戦記のBD発売が発表されたときは、
「やっとでたか!」と思ったものの、値段を見て購入は止めました。
今となってはストーリーがちょっと稚拙な感があるものの、
思い出補正もありますし、結城信輝氏のキャラデザは今でも魅力的ですよね。
ところで、アルターはいつディードを出すのでしょうか?(笑)
2013-11-12 07:30 : Plum URL : 編集
« next  ホーム  prev »

Profile

Plum

Author:Plum
■撮影機材
D750
Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
RX100
NISSIN i40

Link

twitter

Review List

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。