相互RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

戦場のヴァルキュリア セルベリア・ブレス 水着Ver.レビュー

DSC_0873.jpg

戦場のヴァルキュリアより、セルベリア・ブレスです。戦場のヴァルキュリアはゲームはやったことがないのですが、梅津泰臣氏のOP(2ndOP)からアニメを見ました。あれって、OP詐欺ですよね?(笑)梅津氏がOP/EDを手がけたアニメではよくあることですが、梅津氏のクオリティが凄すぎて、本編とは別物になっちゃうんですよね。それはさておき、戦場のヴァルキュリアではヒロインのアリシアを差し置いて、最もフィギュア化に恵まれているセルベリア姉さん。地味な制服のアリシアと違って、あの圧倒的なボディとそれを際立たせるスーツが、立体化で見栄えするからなのでしょうね。可哀想なアリシア・・・。
さて、セルベリアのフィギュアといえば、エンターブレインやアルターのヴァルキュリアVer.が有名ですが、どちらも今となっては手がでない価格になっています。ところがこの水着Ver.であれば、今でも比較的お手頃な価格で購入することができました。プレ値になっていないとはいえ、こちらもさすがのアルター製。クオリティは高く魅力的なフィギュアになっています!

砂浜らしき場所で崩れたレンガに腰掛け、シャワーを浴びているセルベリア。全高は24cmですが、シャワーを含めると30cmにもなります。

DSC_0712_2013102008201797b.jpg

DSC_0713_201310200820196be.jpg

DSC_0714.jpg

DSC_0715.jpg

DSC_0716.jpg

DSC_0717_201310200824247ad.jpg

DSC_0718.jpg

DSC_0719.jpg

DSC_0720.jpg

DSC_0721.jpg

白い肌に、黒い水着が映えます。小さな頭とちょっと行き過ぎた感のある巨乳は、比較的好みが分かれるかもしれないデザインですが、本庄雷太氏のテイストが忠実に再現されているのではないでしょうか。頭の小ささはこれ以上小さくなると破綻してしまいそうなギリギリのサイズですね。

DSC_0723.jpg

DSC_0722_201310200836463b2.jpg

DSC_0726.jpg

DSC_0727.jpg
顔の造形は非常にシャープ。人によっては、この尖った顎と鼻が気になるかもしれません。角度によっては、更に強調されますもんね。

DSC_0728.jpg
ちょっと分かりづらいですが、首にある飾りは帝国の国旗である双頭の鷲。

そしてドーーン!
DSC_0785.jpg


DSC_0731.jpg
下乳全開です。小顔の頭とは逆に、胸はこれ以上大きいと奇乳になってしまうギリギリのラインかと・・・。

DSC_0732.jpg

DSC_0733.jpg

DSC_0734.jpg

DSC_0735.jpg

DSC_0736.jpg

DSC_0737.jpg

DSC_0738.jpg

DSC_0739.jpg

DSC_0740.jpg
胸の谷間の造形がシャープなフィギュアって、意外と少ない気がするんです。その点このフィギュアは、しっかり谷間になっていて素晴らしい!

DSC_0741.jpg

DSC_0742.jpg

DSC_0729.jpg

DSC_0730.jpg

DSC_0817.jpg
綺麗な指です。

次にこちらも特徴的な腹筋周り。

DSC_0745.jpg

DSC_0746.jpg

DSC_0748.jpg

DSC_0749.jpg

DSC_0750.jpg
肋骨から腹筋まで、結構強調された造形。こういう造形好きです。

DSC_0751.jpg
長い髪でなかなか見えませんが、背中も綺麗です。

続いて腰周り。
DSC_0752.jpg
帯剣用のベルト。水着もそうですが、暗い色に金色というのは凄く映えますね。

DSC_0753.jpg
陰になっていて見づらいですが、ビキニちっちゃくありません?(笑)

DSC_0784.jpg


DSC_0756.jpg
右足の太腿には、ダガーと拳銃。このあたりの小物の造形は、さすがのアルター。

DSC_0758.jpg

DSC_0760.jpg

DSC_0761.jpg

DSC_0762.jpg

DSC_0763.jpg
レンガでお尻が痛そう。

DSC_0766.jpg

DSC_0769.jpg
このステッチの造形が凄い。塗装もあいまって、革の質感がすごく出ています。

DSC_0808.jpg

DSC_0809.jpg

DSC_0770.jpg

DSC_0775.jpg
足の指や爪まで、細かく造形されています。

DSC_0819.jpg
台座のシャワー。こんな所まで抜かりない塗装ですね。

DSC_0810.jpg
塗装が剥がれてるー!と最初焦ってしまったシャワーのコック。こういう塗装でした(笑)

DSC_0811.jpg

DSC_0812.jpg
パイプも地面の方は色が変わっており、こういう細かいことの積み重ねが、全体の質感を上げているのでしょうね。

DSC_0814.jpg
足元の貝殻。撮影中、フィギュアを動かすときによく触れてしまい、取れてしまわないかとドキドキしました。

あとはイメージショットなど。

DSC_0781.jpg

DSC_0777.jpg

DSC_0790.jpg

DSC_0794.jpg

DSC_0793.jpg

DSC_0795.jpg

DSC_0796.jpg

DSC_0797.jpg

DSC_0801.jpg

DSC_0803.jpg
流れる髪が美しい・・・。

DSC_0847.jpg

DSC_0848.jpg

DSC_0849.jpg

DSC_0821.jpg

DSC_0823.jpg

DSC_0824.jpg

DSC_0825.jpg

DSC_0826.jpg

DSC_0827.jpg

DSC_0828.jpg

DSC_0837.jpg

DSC_0844_201310201003365b5.jpg

DSC_0845_2013102010033737f.jpg

DSC_0839.jpg

DSC_0841.jpg

DSC_0842.jpg

DSC_0843.jpg

DSC_0830.jpg

DSC_0832.jpg

DSC_0834.jpg

DSC_0835.jpg

DSC_0855.jpg

DSC_0868.jpg

DSC_0869.jpg

DSC_0874.jpg

アルター、戦場のヴァルキュリア セルベリア・ブレス 水着Ver.レビューでした。

少し現像について。
現像専用のソフトを持っていないので、普段はPhotoshop Elementsを使ってRAW現像していますが、今回はNIKONのViewNX2を使ってみました。昨日は少ないですが、NIKONのHPから無償でダウンロードできるものです。カメラの付属品ですからね。それで使ってみて思ったのが、ソフトによって結構違いがでるということです。どちらが優れているかというより、どちらが好みか、でしょうね。キチンとしたソフトでは、lightroom、CaptureNX、CaptureOneなど色々とあって、それぞれ体験版もあります。ただ、体験版を使ってしまうと絶対欲しくなると思うんですよね。だから使ってません・・・(笑)

関連記事

tag : アルター,戦場のヴァルキュリア,柳生敏之,セルベリア,本庄雷太,

2013-10-20 : フィギュアレビュー : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
相変わらずこの人のボディは圧倒的ですよね。
現像ソフトによって違いが出ると言うのはよく言われます
僕はニコンキャプチャーしか使ったことは無いのですが
これがニコン色という事なのだと思います。
2013-10-20 11:02 : Garm URL : 編集
No title
>Garmさん
そりゃセルベリアばかりフィギュア化される訳ですよねw
現像ソフトは思ったよりも違いがあって驚きました。
今度手を加えてない状態で比較してみます。
ソフトを買うときは、体験版で色々試して買わないといけませんね。
あっ!いかんいかん、節約節約。
2013-10-20 11:14 : plum URL : 編集
No title
今AmazonでLR5とかアドビ製品のセール中ですよ(悪い顔)

複数マウントやサードパティ製レンズとか使ってるなら
純正よりLRの方がレンズデータに対応してたり(対応するのが早かったり)
するから持ってるカメラとレンズが純正しかないとかなら純正ソフトで十分ですね。
タムロンやシグマ等のレンズやアダプタで他社のレンズつけたりするようになったらLRの出番ですかね。


2013-10-21 21:00 : DUM URL : 編集
No title
>DUMさん
ダメダメw今は買いません!ケース買わないと・・・。
もし買うなら、レンズはニコン純正しか持ってないですし、
今回のViewNX2の発色がかなり良く、好みでもあるので、
CaptureNX2がいいかなぁと思ってます。
ただ、試用版がどうも以前に使ったことがあるようで、
本当に必要な今、お試しできないのがイタイです・・・くっw
2013-10-21 21:37 : plum URL : 編集
« next  ホーム  prev »

Profile

Plum

Author:Plum
■撮影機材
D750
Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
RX100
NISSIN i40

Link

twitter

Review List

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。