相互RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

現在の撮影環境とか

フィギュアの撮影を始めた頃(約半年前)、「一眼レフがあればそれなりに撮れるだろう」という考えは、甘いと言うことをすぐに思い知らされました。目で見たとおりに写らない、ということに結構凹みましたね。そんな訳で悩みながら撮影してきましたが、ここらでひとつおさらいをしてみます。

当時(2013年2月)の写真はこんな感じ。ボケボケですwあぁ恥ずかしい!あと何となく斜めならカッコイイ的な構図。

最近の撮影はこんな感じです。(2013年8月25日撮影)まぁ以前よりはマシでしょう!
DSC_0165.jpg

1.フィギュア撮影の常識?
何の知識もないので、当然ネットで情報を得るところから始めます。「フィギュア 撮影 初心者」で検索して得られた知識は、こんなところでしょうか。
・ブレを確実に防止するため三脚は必須
・フラッシュはフィギュアの造形を潰すため使用しない
・部屋の照明は消して、クリップライトやデスクライトを使用
・照明は右上45度が良い
 →これは今でもよく分からなくて、自分の場合この角度で照明をあてることはほぼないんですよね。
・照明の光を拡散させて反射を防ぐため、ディフェーザーが必要(トレーシングペーパーで可)
・白レフ板をAmazonのダンボールなどで自作
・撮影ブースを自作する人が多い

自作撮影ブースについて。当初は私もダンボールを加工して、撮影ブースもどきを作りました。ダンボールの一側面をカットして、カットした場所にトレーシングペーパーを貼り、箱内面の両側面にアルミホイルを貼ってレフ板代わりにする、というものです。そのブースで、SLIKのおもちゃのような三脚で撮影したのが上の写真。今にして思えば、撮影ブースというのは、照明位置を固定もしくは限定された商品撮影用のブースです。つまり、フィギュアによって色んな照明位置で撮影したい場合は不向きですね。私の場合は、すぐ使わなくなりました。

2.撮影機材
レビューサイトさんを見ていると、高級機でレンズも沢山!みたいなのを見かけますが、とてもとても機材にお金はかけられないので、必要最低限に抑えています。(今のところは!)

■ Nikon D60(カメラ本体)
当時のNikonのエントリーモデル。なぜNIKONを買ったのかは忘れました。今はボディだけなら、中古で15,000円くらいかな?当時はフィギュアに興味なく、スナップ写真目的で購入したものです。ただ撮影することが目的でしたので、オートしか使っておらず、絞りって何?状態でした。3年くらい放置していましたが、半年ほど前にフィギュア撮影で復活!今のところ機械的な問題も無く、性能的にも不満はありません。

■ Ai AF Micro Nikkor 60mm f/2.8D(マクロレンズ)
中古で約20,000円で購入。念願のマクロレンズ!今までの標準ズームと比べると、描写力の高さに驚きました。D60ではAFが動作しませんが、フィギュア撮りならAF使わないので問題なしです。(ボディにAFを駆動するモーターがないからかな?)

■ Verbon ULTRA 455(三脚)
1,800円くらいの「SLIK Mini Ⅱ」から移行。実売12,000円くらいでした。以前のがおもちゃに思え(安いから当然)、あぁこれが三脚なんだと思いました。重量があるので安定するし、およそ20cm~160cmまで伸縮でき、3way雲台で構図の自由度も広がりました。これも上を見たらきりがないけれど、フィギュア撮りには必要十分だと思います。

■ Nikon ML-L3(リモコン)
直にシャッターを押すことで、ピントがぶれるのを防止するために購入。買う前は、セルフタイマーで撮影していたのですが、あの待ち時間が面倒だったので。レリーズよりも、リモコンの方が自由がきいていいかな~と思ってこちらに。撮影が捗るようになりました。

■ マグニファイングアイピース DK-21M
マニュアルでのピントを合わせやすくするために購入。ファインダーの倍率が1.17倍になります。他のメーカーのもあるのですが、Nikonを含めてレビューの評価はまちまち。要は使う人の好みの問題のようだったので、純正を購入しました。ただし、メガネをかけていると、ファインダー内の視野が狭くなります。キッチリ確認するためには、頭を動かして見る必要があるので、これが許容できない方もいるようですね。

■ 背景紙
最近のお気に入りは和紙を取り扱っている店で買ったもの。照明の当て方でイメージが変わって面白いです。あとは100均のラッピングペーパーも使っています。本当はもっと色んなバリエーションが欲しいです。

■ 照明
YAZAWAのクリップライト2つと、ELPAのクリップライト1つの3灯で、電球は白熱電球(60W×2、30W×1)です。

3.諸々
撮影はRAW画像で撮って、wacomのペンタブに付属していたPhotoshopElementsで現像しています。現像では、コントラスト、黒レベルをちょっと弄るのと、アンシャープマスクをかけるくらいです。あぁホコリ取りをすることもありますね。まさかこんなところでペンタブが活躍するとは・・・。
あと最近特に思うのが、フィギュア撮影で大事なのは機材ではなくて、照明だということです。これが上手くハマると嬉しいのだけれど、なかなか思うように行かなくて妥協することもしばしば。あとは黒色が苦手。この辺りは経験だと思うので、撮り続けていればなんとかなるでしょう。きっと・・・!

関連記事

2013-08-25 : 撮影機材・環境など : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
高い機材、良い機材があるに越した事はないですよね。
財政的にそんなことばかり言っていられないのも事実ですがw
それにしても、一枚目と二枚目で全然違いますが
これはきっとレンズの差も大きいように思いますよ。
2013-08-25 23:44 : Garm URL : 編集
No title
>Garmさん
機材は上を見るとキリがないので、ひとまずこれで十分です。
ホントに素人のときは、他の方の写真を見ても
どう撮影してるのか全く想像がつかないですし、
撮影方法を記載しているサイトを見ても分からないことだらけ
なんですよね。
調べても調べても良く分からなくてw

確かにマクロレンズの性能は凄いです。
使ってみるとすごくそれが分かりますし、違いを実感できるので
買った甲斐があると言うものです。
2013-08-26 01:23 : plum URL : 編集
« next  ホーム  prev »

Profile

Plum

Author:Plum
■撮影機材
D750
Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
RX100
NISSIN i40

Link

twitter

Review List

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。