相互RSS

空の境界/俯瞰風景3Dを観てきました

DSC_0851.jpg

映画館でアニメを見るのなんて、いつ以来だろう。もしかして、小学生の頃に見たドラえもん以来かもしれません。映画館に行くことも久しくありませんでしたが、あの映像と音楽を映画館で体感したくて、前売り券を買って行って参りました!
さて、久しぶりの映画館。左隣の人は100kgを由に超えるであろう巨漢。普通に座っているのに、毛むくじゃらの腕がこちらまではみ出してるじゃないか!ドリンクが置きにくいし、油断したら肌が触れ合いそうだぜ。そして始まった長い長い数々の予告編。退屈な時間ですが、ufotableのFate/stay nightの予告は良かったです。これはテレビでやるんだったかな?かなり期待できると思いました。

それで本編の俯瞰風景ですが、既にDVDで見ているとはいえ、やはり映画館での迫力は凄いですね。梶浦由紀さんの音楽を映画館で聴くと、ゾクゾクします。ただ、正直なところ3Dはどうでも良かったんですけどね。例えるならキャストオフフィギュアのようなもの。確かに高低差や奥行きは感じるのだけれど、これってアニメにはいらないと思うんです。無駄に費用をかけないで欲しいな、ってところがキャストオフと同じかなw

来場者特典の複製原画をもらえました。式の色紙だと思っていたら、今日から第二弾になっていました。

ええっ黒桐ですかっ!?
DSC_0845.jpg

と思ったら式も入っていました。ホッ・・・。どうやら全て同じ2枚らしいです。
DSC_0844.jpg

よし、これを機に式のフィギュアを撮影するか!もしれない。
関連記事

tag : 空の境界,TYPE-MOON,

2013-07-20 : アニメ : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

3Dってどれくらい需要があるものなんでしょうか?
僕も以前、3Dでアベンジャーズの字幕版を見に行ったのですが
妙に薄暗いうえにチカチカして、その状況で字幕を読むので
とても目が疲れました。
映画は普通の2Dで充分です。
思わず一緒に見に行った友人に「二次元最高」と漏らしましたw
2013-07-20 21:22 : Garm URL : 編集
>Garmさん
今日初めて3Dの映画を見ましたが、ホント疲れました。
映像が見づらいし、3Dそのものには違和感を感じて気持ち悪いし。
洋画なら基本的に字幕版しか見ないので、あれで字幕を読むのは
かなり厳しそうですね。
3Dテレビも3DSも失敗だったようですし、映画に限らず需要はないと
思うのですが、新たなジャンルの開拓に必要なのでしょうかね。

二度と3Dは見に行かないと思いますw
2013-07-20 21:49 : plum URL : 編集
« next  ホーム  prev »

Profile

Plum

Author:Plum
■撮影機材
D750
Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
RX100
NISSIN i40

Link

twitter

Review List