相互RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

エヴァンゲリヲン新劇場版:Q感想

エヴァンゲリヲンQ

思っていたよりは楽しめた。というのが感想。

自分は「新世紀エヴァンゲリオン」が大嫌いです。ところが、エンターテイメント性を持たせたという新劇場版は、「序」「破」ともに、映像、音楽、キャラクター、ストーリー、と総合的にとても楽しむことができました。さ~て、これなら「Q」は映画館行ってみよう!と意気込んでいたのです。が、上映開始直後にネットを見ていると、そこには「これぞエヴァ」といった感想がチラホラと。つまり、難解(なよう)で意味が分からず、欝展開だと。あぁこれは俺の大嫌いなエヴァだ、と思って見にいきませんでした。

ところが、レンタルしてきたDVDを見てみたら、思ったほど悪くはありませんでした。説明のない数々の名詞。セカンドインパクト以降、世界がどうなってしまったのか。なぜミサト達はネルフと戦っているのか。そんなことは、誰も説明してくれません。私たちが得られる情報は、シンジとほぼ同じレベル。ところが周りの人々は、自分の知らない多くのことを知っており、理不尽な敵意を向けられる。このあたりは、「まさにエヴァ」だと思いました。序盤はこれがかなりキツく、「もうシンジが自殺して終わりでいいじゃないか」とさえ思いました。”物語”としては、本当につまらない作品です。
ただ、少なからず希望があると感じたんですよ。それは人類の未来にではなく、周りの人々のシンジへの想いに。シンジを殺せず、終盤では「シンジ君・・・」というミサト。罵詈雑言をぶちまけながらも、最後はシンジの手を引っ張るアスカ。どんなに欝な展開でも、小さくても希望や温もりがあればいいと思うのです。

それにしてもエヴァって不思議な作品です。Qの上映時には、アニメとは全く無縁な人がエヴァを見に行っていました。「エヴァって難解だから、何度か見に行かないと理解できないんだよ~。」なんて会話が聞こえてきたものです。まぁ個人的には、エヴァに”理解”というのはあり得ないとは思うのですけどね。この全く一般向けではないアニメが、なぜこうまで世間の話題になるのか。興味があるけれど、未だに理由が分かりません。
また、視聴語にQの批評を見てみたのですが、なかなか面白いですね。個人的には、視聴前に持っていた悪い印象ほど悪くなかった、というのが感想です。決して面白かったとは思わないし、もし映画館でみていたら、きっとお金の無駄だと腹ただしく思ったことでしょう。だから、批判的な意見には大いに賛同できます。タダで見ることができるテレビと違って、お金を払って見るのが映画です。一度見てつまらないと思う人が多ければ、それは駄作です。エンターティメント作品をうたうのであれば、多くの人が一度見て楽しいと思える作品であるべきでしょう。

次回作は、映画館に足を運んでみようと思います。ただし、予告や庵野監督のコメントは一切見ないようにします。きっと裏切られますからね。
関連記事

tag : エヴァンゲリヲン,庵野秀明,カラー,

2013-05-18 : アニメ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

Profile

Plum

Author:Plum
■撮影機材
D750
Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
RX100
NISSIN i40

Link

twitter

Review List

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。