相互RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

劇場版 空の境界/未来福音 視聴

kara.jpg

珍しく平日に休みが取れたので、前売り券を買っていた未来福音を見に行ってきました!もう無いかな、と思っていた来場特典の終末録音(写真)を無事貰いました。134Pあり普通の単行本のようです。凄いなぁ、これで商売になるのかと正直驚きました。未来福音は原作を読んでいないので知らなかったのですが、構成がちょっと変わっていました。前売り券にも記載されているように、扱いとしては「未来福音」と「未来福音 extra cholus」の同時上映なのですね。

「未来福音 extra chorus」は「1998年」という3つの短編からなります。浅上藤乃との戦いののち、式が幹也から黒猫を預かる話、「俯瞰風景」で自殺した女子高生の友人と浅上藤乃の話、式と幹也が初詣に行く話。どれも非常にゆっくりしたペースで話は進み、真っ黒の画面にフェードアウトすることが多く、短編が更に細かく途切れてしまっているように感じました。正直な所、少し眠かったです。ちょっとしたサイドストーリーですね。これが終わると、スタッフロールが流れるのですが、同時上映というのが頭になかったため、「え、え・・・なに?」とかなり焦りました(笑)

そして本編の「未来福音」。こちらは、「未来福音」と「未来福音・序」の2編からなります。未来が視える少女と少年、そして占い師を軸にした話。期待以上に面白かったです。空の境界の特徴ともいえる時系列の入れ替えがここでも取られているのですが、それがすごく上手くハマっていました。序の最後では、うるっときてしまいました。また、30歳近く?の式はとても美しく、娘の末那ははかなりおませで可愛いかったですね。あとは、光溜(cv石田彰)と観布子の母(cvくじら)が、すごくいい味を出していました。これは声優の力によるところも大きいですね。光溜すごくいい声してるけど誰だっけ・・・とすぐ石田さんの名前が出てこなかったのですが、実は上映前のPersona3の予告で思いっきり喋ってましたね(笑)

さて、特典の終末録音をチラ見したところ、別の世界線のお話のようです。最初の終末で無くなるかなと思っていたので、無事貰えて良かったです。
スポンサーサイト

tag : 空の境界,未来福音,ufotable,TYPE-MOON,

2013-10-04 : 映画 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

Profile

Plum

Author:Plum
■撮影機材
D750
Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
RX100
NISSIN i40

Link

twitter

Review List

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。