相互RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain 視聴

PDVD_002.jpg

スタッフ、キャストともに総入れ替えがあった本作。劇場版の押井守でもない、S.A.C.の神山健治でもない、黄瀬和哉監督の攻殻がどのようなものになるのか楽しみでした。黄瀬監督は押井監督のパトレイバー、神山監督の東のエデンにそれぞれ作画監督として関わっていますので、攻殻らしさを引き継ぎつつ、別の攻殻を描いて欲しいなと思っていましたが、さて・・・どうだったでしょうか。


「思ったよりは良かった。けれど印象は薄い。」というのが正直なところ。

まずキャストについては、違和感はありませんでした。坂本真綾さんの素子は、違和感がないというよりも合っていると言っていいと思います。けれど残念なのは、その他のキャスト、バトー、ドグサ、荒巻課長などは、違和感はないけれど印象に残りませんでした。旧キャストの声が耳になじんでいるので、それを払拭するのは難しいと思います。それでもしっかりと印象を残した坂本真綾さんの実力が高かった、ということかもしれませんね。
次に設定とストーリーですが、悪くはないけれど、イマイチな感じは拭えませんね。雰囲気は、S.A.C.が最も近いと思います。9課結成前、という設定ですが、それにしても素子やバトーが未熟すぎるかな。もちろん1話で結論付けることはできないけれど、S.A.Cや2ndGIGは1話で惹きつけられたことを考えると、どうしても物足りなさを感じました。これは脚本のせいでしょうか。印象に残ったセリフ、話を盛り上げるセリフがなかったですね。
致命的なのは、音楽。押井版の川井憲次、神山版の菅野よう子と比べると、どうにも魅力を感じません。OPもあってもなくてもいい音楽ですし、劇中の音楽に至っては全く覚えていません。比べる相手が悪いのかもしれないけれど・・・ね。こればっかりは2話以降に変わることは無いので、シリーズ全体の評価を下げてしまう要素かもしれません。

とまぁ批判的な要素も多いのですが、全体としては「悪くない」という感想です。2話以降に期待したいですね!
スポンサーサイト

tag : 攻殻機動隊,黄瀬和哉,

2013-09-27 : アニメ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

空の境界/俯瞰風景3Dを観てきました

DSC_0851.jpg

映画館でアニメを見るのなんて、いつ以来だろう。もしかして、小学生の頃に見たドラえもん以来かもしれません。映画館に行くことも久しくありませんでしたが、あの映像と音楽を映画館で体感したくて、前売り券を買って行って参りました!
さて、久しぶりの映画館。左隣の人は100kgを由に超えるであろう巨漢。普通に座っているのに、毛むくじゃらの腕がこちらまではみ出してるじゃないか!ドリンクが置きにくいし、油断したら肌が触れ合いそうだぜ。そして始まった長い長い数々の予告編。退屈な時間ですが、ufotableのFate/stay nightの予告は良かったです。これはテレビでやるんだったかな?かなり期待できると思いました。

それで本編の俯瞰風景ですが、既にDVDで見ているとはいえ、やはり映画館での迫力は凄いですね。梶浦由紀さんの音楽を映画館で聴くと、ゾクゾクします。ただ、正直なところ3Dはどうでも良かったんですけどね。例えるならキャストオフフィギュアのようなもの。確かに高低差や奥行きは感じるのだけれど、これってアニメにはいらないと思うんです。無駄に費用をかけないで欲しいな、ってところがキャストオフと同じかなw

来場者特典の複製原画をもらえました。式の色紙だと思っていたら、今日から第二弾になっていました。

ええっ黒桐ですかっ!?
DSC_0845.jpg

と思ったら式も入っていました。ホッ・・・。どうやら全て同じ2枚らしいです。
DSC_0844.jpg

よし、これを機に式のフィギュアを撮影するか!もしれない。

tag : 空の境界,TYPE-MOON,

2013-07-20 : アニメ : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

2013年春アニメ

今期のアニメもほぼ最終回を迎えましたので、視聴した作品とその感想を少し。


★★★★★翠星のガルガンティア
予想外にも今期ダントツに面白かった。最終回のチェインバーには、攻殻機動隊SACの最終回のタチコマを連想した人も多かったのではないでしょうか。
本作は、18禁漫画で有名な、鳴子ハナハルがキャラクター原案ということが話題になりました。あとは原案に虚淵玄。虚淵さんは、個人的にFate/ZEROが面白くなかったので、期待していませんでした。でもこの作品は、異文化の交流を、本当に丁寧に描いていました。ロボットアニメだと思わせておいて、人の交流を中心に描き、終盤の急展開、最終決戦で大いに盛り上げる。非常に密度の高い1クールアニメだったと思います。チェインバーがヒーローであり、ヒロインでもありましたね。

★★★★☆進撃の巨人
原作未完の作品って、あまり楽しめない気がするのですが、これは別でした。監督の荒木哲郎さんは、「学園黙示録HIGH SCHOOL OF THE DAED」で監督をされていたのを知っていました。ちょっと原作が途中放棄され、パニックものなのでストーリーもあまり中身のないアニメなのですが、個人的には好きなんですよね。何故かというと、アクションシーンが動くまくってが凄くいい!だから進撃の巨人には期待していたのですが、期待以上に凄いアニメでした。立体機動のスピード感ある動き、巨人に対する絶望感、劇場作品並みのクオリティ。ただ、OPはあまりすきではありません。纏まりがなく、MADのようです。

★★★★☆ちはやふる2
原作が大好きなので、無条件に好き。1期はBDを全巻揃え、原作も全巻揃えてしまいました。1期の完成度は衰えることなく、毎度毎度熱いセリフと演出に泣かされそうです。ただ、少し気になるところは音楽。作品に全然合っていなくて、印象に残らないどころか違和感を感じることもしばしば。1期もこんなだっけな・・・。それにしても、この作品は子供にこそ見て欲しいと思うのですが、深夜アニメであることが残念でした。原作が進んだら、3期もやって欲しい!

★★★☆☆とある科学の超電磁砲S
クオリティは高く、無難に見れる作品だと思う。ストーリーよりも、キャラを愛でるアニメかな。

★★☆☆☆RDG レッドデータガール
序盤のイライラを中盤で挽回するも、最後は消化不良でした。

★★☆☆☆DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION
序盤こそアトラスらしさに期待しましたが、盛り上がることもなく、惰性で見ていました。

★☆☆☆☆銀河機攻隊 マジェスティックプリンス
☆☆☆☆☆革命機ヴァルヴレイヴ
この2つは途中で挫折。ロボットも全く印象に残らなかった。

何と言ってもガルガンティアが素晴らしかった。チェインバーの可動ホビーでないかな~。
2013-07-01 : アニメ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

亡国のアキトとコードギアスのフィギュアと

PDVD_000_20130523195117.jpg

今更ながら「コードギアス 亡国のアキト」をDVDで視聴しました。大好きな「鉄腕バーディーDECODE」「ノエイン」の赤根和樹さんが監督ということで、大いに期待して見ました。
のっけから、ナイトメアフレームのダイナミックのアクションに圧倒されました!安田朗さん(あきまん)原案のナイトメアフレームのカッコイイことこの上なし。それが、機械にあるまじきスピードで動くアクションは、それだけで一見の価値があります。全四章の序章であり、主人公の戦う理由などは全く以って分かりません。劇中で「死ぬためだ。」みないなことを言ってはいますが、さすがにその裏には深い理由があるでしょう。たぶん。個人的には凄く楽しめたので、今夏の二章は映画館に行ってみようと思います。

話は変わりますが、TV版「コードギアス反逆のルルーシュ」の良さとは、キャラクターの魅力と勢いあるストーリー展開だと思っています。しかし、私はスザクが嫌いですし、CCやカレンにも全く興味ないのです。1にシャーリー、2にシャーリー、3にルルーシュ、なのですよ。
と・こ・ろ・が!シャリーがあまりに恵まれない娘過ぎる!
カレンやCCはプライズのフィギュアがイーッパイあるのに、シャーリーはなし。唯一欲しいと思うのは、アルファオメガの水着エプロンだけ。ポスターなんかでも、CC、カレン、ナナリー、コーネリア、ユーフェミアなどがいても、シャーリーだけいないという不遇っぷり。不遇なのは物語の中だけにしてください!!でもね、今度の一番くじで、シャーリーが出るのですよ。プライズは買わないと心に決めたのに、シャーリーだけは譲れない・・・。彩色見本をみても、なかなか出来がいいんですよね。6月下旬の一番くじが怖いなぁ。あと、シャーリーは亡国のアキトには出ないだろうなぁw

tag : 亡国のアキト,赤根和樹,安田朗,コードギアス,シャーリー,

2013-05-23 : アニメ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

エヴァンゲリヲン新劇場版:Q感想

エヴァンゲリヲンQ

思っていたよりは楽しめた。というのが感想。

自分は「新世紀エヴァンゲリオン」が大嫌いです。ところが、エンターテイメント性を持たせたという新劇場版は、「序」「破」ともに、映像、音楽、キャラクター、ストーリー、と総合的にとても楽しむことができました。さ~て、これなら「Q」は映画館行ってみよう!と意気込んでいたのです。が、上映開始直後にネットを見ていると、そこには「これぞエヴァ」といった感想がチラホラと。つまり、難解(なよう)で意味が分からず、欝展開だと。あぁこれは俺の大嫌いなエヴァだ、と思って見にいきませんでした。

ところが、レンタルしてきたDVDを見てみたら、思ったほど悪くはありませんでした。説明のない数々の名詞。セカンドインパクト以降、世界がどうなってしまったのか。なぜミサト達はネルフと戦っているのか。そんなことは、誰も説明してくれません。私たちが得られる情報は、シンジとほぼ同じレベル。ところが周りの人々は、自分の知らない多くのことを知っており、理不尽な敵意を向けられる。このあたりは、「まさにエヴァ」だと思いました。序盤はこれがかなりキツく、「もうシンジが自殺して終わりでいいじゃないか」とさえ思いました。”物語”としては、本当につまらない作品です。
ただ、少なからず希望があると感じたんですよ。それは人類の未来にではなく、周りの人々のシンジへの想いに。シンジを殺せず、終盤では「シンジ君・・・」というミサト。罵詈雑言をぶちまけながらも、最後はシンジの手を引っ張るアスカ。どんなに欝な展開でも、小さくても希望や温もりがあればいいと思うのです。

それにしてもエヴァって不思議な作品です。Qの上映時には、アニメとは全く無縁な人がエヴァを見に行っていました。「エヴァって難解だから、何度か見に行かないと理解できないんだよ~。」なんて会話が聞こえてきたものです。まぁ個人的には、エヴァに”理解”というのはあり得ないとは思うのですけどね。この全く一般向けではないアニメが、なぜこうまで世間の話題になるのか。興味があるけれど、未だに理由が分かりません。
また、視聴語にQの批評を見てみたのですが、なかなか面白いですね。個人的には、視聴前に持っていた悪い印象ほど悪くなかった、というのが感想です。決して面白かったとは思わないし、もし映画館でみていたら、きっとお金の無駄だと腹ただしく思ったことでしょう。だから、批判的な意見には大いに賛同できます。タダで見ることができるテレビと違って、お金を払って見るのが映画です。一度見てつまらないと思う人が多ければ、それは駄作です。エンターティメント作品をうたうのであれば、多くの人が一度見て楽しいと思える作品であるべきでしょう。

次回作は、映画館に足を運んでみようと思います。ただし、予告や庵野監督のコメントは一切見ないようにします。きっと裏切られますからね。

tag : エヴァンゲリヲン,庵野秀明,カラー,

2013-05-18 : アニメ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

空の境界の前売り券を買ってきました

空の境界 俯瞰風景3D ポスター

「劇場版空の境界 俯瞰風景3D」の前売り券を、109シネマズ名古屋で買ってきました。映画の前売り券買うのって初めてで、特典(今回はB2ポスター)がどの程度あるのかも検討がつかなかったんです。それで、発売初日の今日、ひとっ走り行ってきたわけです。

続きを読む

tag : 空の境界,TYPE-MOON,ufotable,

2013-05-11 : アニメ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

P3劇場版公開の前に


さて、劇場版の公開(2013年秋)も公開されたペルソナ3ですが、これに先駆けてフィギュアも出始めていますね。ペルソナ3というより、正しくはP4Uのフィギュアでしょうか。数ヶ月前にペルソナ3にハマったニワカの自分ですが、欲しいフィギュアを逃さないためにも、備忘録を残しておきましょう。

続きを読む

tag : フィギュア,ペルソナ3,タイトー,キューズQ,

2013-04-14 : アニメ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

君は、1日が24時間でないと言ったら、信じるかい?

p3m_01.jpg
http://www.p3m.jp/

やっと、ペルソナ3劇場版の上映時期、スタッフ、キャストが公開されましたね。大好きな作品なので、アニメ化されることは嬉しくて仕方ありません。反面不安もあるのですが、まずはゲームと同じキャストだったことにホッとしました。ゲームでは正直ショボかった作画も、PVを見る限り、さすが劇場版のクオリティです。

このスタッフとキャストなら、安心して待っていられますね。

tag : ペルソナ3,アニメ,

2013-03-30 : アニメ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

天元突破グレンラガン~19話

yoko_01.jpg
http://www.gurren-lagann.net/tv/

ただいま19話まで視聴。子供向けっぽいイメージがあって避けてきた作品なのだけれど、見てみたら正統派ロボットアニメでかなり面白かった。個人的に、アニメの主人公とは成長してナンボだと思っている。自分に自信がなく臆病なシモンが、カミナという熱い本当に熱いアニキとともに成長する。ヒーロー物、ロボット物の王道を描かせたら、ガイナックスの右に出る者はいないと、改めて思った。ヨーコとともに、地下の村から初めて地上にでた二人が見たものは、初めて見る星、月、そして空。閉塞した地下から抜け出し、地平線の彼方まで見える地上での物語は、抜けるような青空とともに清々しい気分にさせてくれた。
けれどそれは15話までのこと。まだ19話までしかみていないのだけれど、ちょっと見る気がなくなってきて小休止。だって、これまでの良さが全て消えてしまっているから。15話で最終回でもおかしくない大きな区切りをつけ、その7年後から始まる物語は、急速に発達したコンクリートの世界。描かれるのは、建物の中であり、ビルに囲まれた街中だ。また地下世界に戻ったかのような閉塞感。そしてそこにはカミナもヨーコもいない。また元のような物語に戻るのだろうか・・・。

tag : 天元突破グレンラガン,

2013-03-17 : アニメ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

A KITE

a kite

「A KITE」
1998年製作。原作、監督、脚本、絵コンテ、演出、キャラクターデザイン、作画監督が梅津泰臣。アダルトゲームメーカーがアニメブランドで出した作品です。ちなみに私が見たのは、エロをカットしたINTER NATIONALバージョン。アメリカではなかなか人気があるようです。
さて、これを見てパッと思い浮かんだのは、LEONでナタリー・ポートマンが演じた少女。NIKITAも似てるらしいけれど未見。こういう作品、大好きです。主人公は、幼い頃から殺人術を仕込まれた女子高生。西洋の建物に日本語の看板があるような、ちょっと不思議な街。そこで繰り広げられる復讐と幼い愛情の物語。見所はなんといっても、派手なガンアクションです。ホントによく動くし、また動きのセンスがいい。物理法則を無視していても、重要なのは見ていて楽しいかどうかです。いや、それはないだろう、ってシーンもあるんですけどね。結末はちょっと驚きましたが、見直してみると、伏線はチラチラとあったんですね。世界観、アクション、クオリティの高い作画。アダルトアニメという、恐らく低予算だったであろうことを考えると、このレベルの作品ができたことは、凄いことだと思います。
いまハリウッドで映画化が進行していますが、こういうのは期待しちゃあいけないんだろうな。原作寄りの脚本に戻したというディヴィッド・エリス監督が逝去し、その思いはますます強くなるばかりです。映画化が報じられたとき、「日本のアダルトアニメがハリウッドで映画化!」なんて書かれていた。アダルトアニメねぇ。間違ってはいないけれど、ちょっと引っかかるなぁ・・・。海外版ではアダルトシーンはカットされているもんね。

kite_04.jpg

kite_02.jpg

kite_03.jpg

kite_01.jpg

攻殻機動隊SACの1話でも、少佐がビルの屋上で犯罪者を追い詰めるシーンがあるが、こういうビルの屋上のシーンって何故か好き。鉄腕バーディーDECODE02のOPでも、屋上にバーディーが立っていたな。


A KITE~INTERNATIONALバージョン~ ディレクターズカット完全版 [DVD]A KITE~INTERNATIONALバージョン~ ディレクターズカット完全版 [DVD]
(2000/07/22)
不明

商品詳細を見る

tag : 梅津泰臣,AKITE,

2013-03-17 : アニメ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

Profile

Plum

Author:Plum
■撮影機材
D750
Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
RX100
NISSIN i40

Link

twitter

Review List

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。